低カロリーで栄養満点!『ポップコーンにはダイエット効果も?』

低カロリーで栄養満点!『ポップコーンにはダイエット効果も?』

夕方、我が家の食卓のテーブルには私が頑張って作った「見た目は牛肉100%の『野菜ハンバーグ』」と「トマトサラダ」が並んでいます。

しかし、娘はハンバーグに見向きもせずに、3時のおやつに出したポップコーンをまだちょこちょことつまみ食い中(ガックリ…)と、私の愚痴はこのくらいにしておきまして、皆様こんにちは!一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

大森篤志

 

ONもOFFも自然体で自分らしく輝く女性になる為には、「健康であること」が絶対条件です。

そこで今回は、『健康スナック菓子”ポップコーン”の魅力』に迫っていきたいと思います。

ポップコーンについて知れば知るほど、たとえ私の娘のような出来事があってもニッコリ笑顔でいられるはずですよ。

 

えっ!ポップコーンが「ヘルシーフード」って本当?

「ポップコーンが身体にいい」と言われれば、多くの人はそう思うかもしれませんね。でも、意外にも事実のようです。

あと引く美味しさの代表格と言えば、「えびせん」か「ポップコーン」と言っても過言ではありません。

「えびせん」はさておき、笑。

ついモリモリ食べてしまっても、「ポップコーンなら身体にいい」というのですから嬉しい限りです。

今やポップコーン専門店がオープンするほどの人気ぶり。表参道のお店は平日でも行列が出来るほどとか。キャラメル、メープル、他にも梅味なんかも登場しています。

今までだったら食べ過ぎると自己嫌悪に陥ってしまいがちでしたが、これからはそれほど気にすることもありません。

なぜなら、「ポップコーンはヘルシーフード(女性の味方)だから」です。

 

ポップコーンがヘルシーな理由

アメリカのペンシルベニア州にあるスクラントン大学で行われた研究結果によると、ポップコーンには「野菜や果物よりも抗酸化物質が多く含まれている」ことが分かったそうです。

抗酸化物質とは、簡単に言うと「身体を酸化ストレスから守るための化学物質」のこと。つまり、「カラダの老化を防ぐ効果が期待出来る」というわけです。

他にも、食物繊維を豊富に含んでいます。

食物繊維には、便秘や大腸の病気などを予防する働きがありますから、ポップコーンは「身体を内側から奇麗にしてくれるビューティーフード」とも言えそうです。

食物繊維が豊富ということは、ダイエット効果も期待出来ます。中でも「便秘の改善・解消、美容効果まで期待出来る」のがスゴいところ。そんな夢のようなスナック菓子、こんなに身近にあったんですね!驚。

また、野菜や果物には、1人分平均で約200から250mg程度のポリフェノールが含まれているそうですが、ポップコーンのポリフェノール含有量は野菜や果物以上。なんと!1人分平均で約300mgのポリフェノールが含まれているそうなんです。

 

でも、本当にスゴいのはココっ!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ