「職場の人間関係ストレスで仕事を辞めたい?」なら、解消法あるよ!

「職場の人間関係ストレスで仕事を辞めたい?」なら、解消法あるよ!

今回は『職場の人間関係でストレスを溜めない方法』についてお話したいと思います。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

あなたは今、「一刻も早く会社を辞めたい」と思っているかもしれません。

でも、会社を辞めたい理由が、もし職場の人間関係ストレスにあるのなら、ちょっとだけ待ってください。なぜなら、ストレスを溜め込んでしまう性格のままだと、どこへ移っても同じ結果を招いてしまうかもしれないからです。

 

現代女性に多いって本当?「適応能力が優れ過ぎな女性」

  • 初対面の人ともすぐに仲良くなれる
  • 部署が変わっても転職先でもすぐに職場になじめる
  • 新しい仕事に参加しても皆とうまくやっていける

これらのように、何事にも素早く適応することが出来るのは、実は男性よりも女性の方。仕事を辞めたいと悩んでいる今のあなたからは「私は違う!」と言われそうですが、総合的には「男性よりも女性の方が適応能力に優れている」のです。

コミュニケーション能力の高さでは男性は女性にかないません。事実、「脳の仕組みから見ても男性より女性の方が適応能力に優れている」と脳の専門家は言います。

しかし、この適応能力の高さこそが職場の人間関係ストレスを生じさせる諸悪の根元と言ってもいいでしょう。女性の中でも、特にこの適応能力が『過剰』な人は、かえってストレスを溜め込んでしまいやすいのです。

 

【驚きっ!】そんなところでも劣等感を感じるの?

適応能力が過剰な女性は、例えば自分が「高学歴である」ということでさえも劣等感を抱きます。

「優秀な大学を卒業したことが劣等感になるなんて意味わかんない」と思われた方もいることでしょう。

もちろん、就職活動をする際には、高学歴が好都合に働くかもしれません。しかし、彼女たちからすると「学のある女」が実際の職場で受け入れてもらえるのか不安なのです。

女性の社会進出が当たり前の時代ではありますが、実際の職場環境はまだまだ男社会です。リアルな現場では、周りを見渡せば男ばかりという職場も少なくありません。

適応能力が過剰な高学歴女性にとって、そういう男社会の中では、よりいっそう不安が増すと言います。

女性
男性たちのプライドを傷つけてしまわないように、つつましく仕事しよう。

他にも、婚活中の女性の中には、自己紹介の欄に「実際よりもダメ子に書く」という人もいるくらいです。

超難関の4年制大学を卒業しているのにも関わらず「短大卒」と書いてみたり。恋人をつくる暇もなく一生懸命働いて年収500万円を超えているのに「年収300万円」と書いてみたり。バリバリのキャリアウーマンで役職付きなのに、役職名は絶対に書かなかったり。

それもこれも、適応能力が過剰な女性には「高学歴で、仕事もできる。まして高収入の女性は、男性に受け入れてもらえない。絶対に!」という意識があるからなのでしょう。

実際の職場でも、本当は分かるのに「分からないフリ」をしたり。本当は出来るのに「ここが出来ないのですが」と男性を頼ろうとする女性がいますが、その心理も同じことですね。

もちろん、女性から頼りにされて嬉しくない男性などいません。女性から頼られれば男性は喜んで応えるでしょう。その一方で、その男の「ドヤ顔」を見ながら、適応能力が過剰な女性たちはホッと安心するのです。

ありのままの自分を隠し続けると?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ