「またドカ食い?」食べる以外の女性ストレス発散解消方法はコレっ!

「またドカ食い?」食べる以外の女性ストレス発散解消方法はコレっ!

 

今回は、『食べる以外のストレス解消法』についてお話したいと思います。もしかしたらダイエット成功の一番の近道かもしれませんよ。

 

大森篤志

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

 

問題は…「食べる、飲む、買う」がエスカレートすること!

以前、「食べる、飲む、買う」という行為だけでストレスを解消させようとするのは危険だ!というお話をしたことがあります。

※まずは参考記事をお読みください。
「食べる、飲む、買う」に頼らない賢いストレス解消法

上述した参考記事の内容に一、二補足をしておきます。

実際は、美味しいものを食べたり飲んだり、ショッピングを適度に楽しむことで心の憂さ晴らしをする行為は、誰もが気軽に行っていることであって、本来は大げさに問題視するほどのことではありません。

ここで私が問題にしているのは、『過食症や依存症になるまでエスカレートしてしまうこと』です。

通常なら、病気になるまで「食べる、飲む」、お金の支払いができなくなるまで「買う」といった無茶なことはしませんからね。

また、母親にこっぴどく叱られた後に、父親がこっそりケーキを食べさせてくれたり、オモチャを買ってくれたりすることで「ホッと安心する」

そういった子供の頃の経験が影響し、大人になってもストレス解消の逃げ場が『食べる、飲む、買うになっている』ともお話しました。

とはいえ、

  • 「お母さんに怒られた後は、いつもお父さんにオムライスのお店に連れて行ってもらったなぁ」
  • 「近所の男の子にいじめられて泣いて帰ったとき、お母さんにぬいぐるみを買ってもらったのを今でも覚えてる」

などという経験は誰にでもあるようなことで、決して特別なものではありません。

そういう経験のある女性すべてが過食症や依存症へとエスカレートしてしまうわけでもないのです。

 

では、なぜ一部の女性は歯止めがきかずにエスカレートしてしまうのでしょうか?

 

どうしてエスカレートしてしまうの?

考えられる原因は以下の2つ。

  1. 自己評価が低い
  2. 自分に求めるハードルが高い

これら2つの傾向が強い点です。

 

この傾向が強すぎると、

思うようにいかなかったり、ちょっとしたミスをしただけでも、

  • 「私はどんくさい」
  • 「私は不器用だ」
  • 「私には能力がない」

など、『私はダメな人間だ』という思いをいつまでも引きずってしまうことになります。

特に、自分に求めるハードルが高い優等生に多く見られますね。

他の人なら「まっ、仕方ないね。これも勉強のうち、次はミスしないようにしよっ!」と気持ちを切り替えられたり、「自分のできることはすべてやったんだから、良しとしよう!!」と気持ちを満たすことができることであっても、優等生すぎると『自分のダメな部分』にばかり目が向いてしまい、どんどん自分を追い込んでしまう。

そして、「食べる、飲む、買う」という癒しに逃げるようになってしまうのです。

さきほど「優等生」という表現を用いましたが、このような女性の多くは『社会的に優秀な人間』であることは間違いありません。なぜなら、責任転嫁することなく、きちんと自分に目を向けて反省できる人格者だからです。

無茶な「食べる、飲む、買う」という行為を続ければどうなってしまうのか。

優等生に、それが分からないはずはないのです。

それなのに、あえて無茶な行為をしてしまうのは、その行為に『ダメな自分を罰する』という意味が込められているからなのでしょう。

単なるストレス解消にとどまらず、『ハードルをクリアできなかった自分に対して罰を与える行為』でもあったのです。

そうなると、ほどよく食べて「美味しかった〜」、ほどよく飲んで「楽しかった〜」では終わりません。

「美味しい」「楽しい」のままでは自分が許せず、「苦しい」「つらい」という状態になるまで無意識に自分を追い込んでいくことになるのです。

 

自分を追い込んでしまう女性には「良い面」もあるって本当?

実は、このような女性の多くは『誰かと一緒にいる』ときは、「食べる、飲む、買う」という行為が抑制されます。

「人に見られている」ということが、良い意味で効果的に働くのも特徴のようですね。

一緒にご飯を食べに行っても小食のイメージがあり、飲みに行っても「酔いがまわる」までは飲みません。

派手なイメージもなく、むしろ他の人よりもずっと健全に見えたりします。

でも、『一人になる』とガラッと豹変し、無茶な行動をしてしまう。

「人に見られていない」ということが、悪い意味で彼女たちを解放させてしまうわけですね。

初めのうちは土曜日だけ、徐々に金曜日の夜から始まるようになり、やがては毎日の習慣にまでエスカレートしていくことが多いようで…つまり、「ちょっとくらい大丈夫!」というのが一番危険ってことです。

食べ物や飲み物を大量に買ってきては、ひとり部屋にこもってドカ食い、ガブ飲みをスタート。気持ちが悪くなるまで食べて飲んだら、ハッと我に返り、トイレで喉に指を突っ込んで吐き出す。

毎日大量の食べ物や飲み物を買いに行くのも面倒になり、やがてインターネットで注文を繰り返すように。インターネットで注文した洋服も毎週のように自宅へ届き、そのたびに「また無駄遣いをしてしまった」と反省。届いた商品を箱のまま捨てることで現状から抜け出そうとするが、なかなか抜け出せない。

次の日の朝になって「もう、こんなことはやめよう」と心底思うのに、その日の夜になるともう我慢できなくなって同じことを繰り返してしまう始末。

このように、一人でいると『食べて吐いて、飲んで吐いて、買って捨てて』をずっと繰り返してしまうのです。

こんな事を続ければ、いつ身体に異変が現れてもおかしくありません。

  • 食べ物や飲み物をうけつけなくなる
  • 食べ物や飲み物を見ただけで吐きそうになる

こんな症状が出始めれば、いよいよ「拒食症」の始まりです。

過食症と拒食症は隣り合わせ。

一度このようなスパイラルに陥ってしまうと、医師による治療がなければ抜け出すことができません。

 

また、身体だけではなく、経済的な面にも変化が現れてきます。

  • 貯金が底をつく
  • 支払いができない

など、仕事や人間関係のストレス以外にも「物理的な不安」を抱えることになってしまうのです。

問題なのは「それでも優等生であろうとする」ため、

誰にも相談できずに、最終的には『闇金に手を出す』ところまで落ちてしまう。

こうなっては、人生が音を立てて崩れていくことにもなりかねません。

 

解決策は1つしかありません。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ