30代の女性は情緒不安定になりやすい。その理由と対策

30代の女性は情緒不安定になりやすい。その理由と対策

30代の女性は情緒不安定になりやすい。

今回は、『その理由と対策について』お届け致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

30代の女性が情緒不安定になりやすい理由

10代から社会に出て働いている人はたくさんいますが、それでも「社会人デビューが20代」という人のほうが圧倒的に多いでしょう。

右も左もわからず、とにかく必死で『あまり余裕のない時期』ということもあり、20代で大きく羽目を外す人は少ない傾向にあります。程度の大小はあったとしても、その多くが「若気の至り」で済まされやすいものです。

しかし、30代になると、社会人としての慣れが災いし、思わぬ事態を引き起こしてしまうことがあります。20代の頃は越えることのなかった一線を超えてしまうことも。

例えば、これまで蓄積されてきた社会的ストレスの反動によって、買い物依存に陥り、恒常的にキャッシングをするようになったり、消費者金融からお金を借りるようになったり。

それまで仕事一筋で真面目に生活してきた人が、先輩に誘われたことをきっかけに、仕事そっちのけで賭け事などにのめり込むようになったり。

専業主婦として献身的に夫をサポートしていた人が、妻子持ちの男性と不倫をするようになったり。

あげればキリがありませんが、10代・20代の頃よりも社会に慣れ、気が緩みやすい30代は、周りを唖然とさせ、後から自分でもびっくりしてしまうようなことを引き起こしやすい年代と言えるのかもしれません。

心の振れ幅が大きくなる30代は、自分の中にあるドス黒い感情にも気づく

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ