働く女性の将来設計『30代後半からのライフワークバランス』

働く女性の将来設計『30代後半からのライフワークバランス』

今回は、『30代後半からのライフワークバランス』についてお届け致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

ONとOFFの関係を見直す

『ONとOFFの関係を見直す』ことは、30代後半からの生き方を考える上で極めて重要なことです。

「ONを仕事の時間、OFFを仕事以外の時間」と区別していたのが今までだとしたら、30代後半は『自分の人生にとって仕事はどんな役割を担っているのか』という命題に答えを出していく時期と言ってもいいでしょう。『ONとOFFを切り離さない考え方に移行する時期』と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

例えば、仕事をするのは「夢の実現のため」なのか、あるいは「家族を養うため」なのか。この機会に、自分にとっての「仕事とは?」という問いに対して真剣に向き合ってみて下さい。

肝心なのは、『仕事を利用してどんな人生を目指すのかを明確にすること』にあります。

 

人生後半の将来設計を見直す

20代の頃は、人生の目的など考えなくても、ただがむしゃらに目の前の仕事をこなしていればそれで良かったかもしれません。

しかし、40代を目前にしている今は、そうも言っていられません。まさに人生を折り返そうという時に、これまでと同じように、仕事に意義を持たず働き続けることは『人生最大のリスク』と言うべきことだからです。

働く女性にとって、30代後半は「人生後半の将来設計を見直す絶好の機会」と言えるでしょう。

例えば、現状維持を貫くのか、会社の中で女性管理職を目指すのか、それとも起業して経営者を目指すのか、あるいは、仕事はほどほどにして自分の好きなことに生きるのか、などなど。仕事を利用してどんな人生を目指すのかを決める時期なのです。

実情としては、「給料の割には苦労ばかり増える、プライベートに使える時間がなくなる」などの理由から『管理職にはなりたくない』という女性も増えていますし、管理職を目指したところでなれるかどうかもわかりません。

だからといって、無計画でダラダラ仕事を続けていくと、いずれ後悔することになりかねません。なぜなら、40代をズルズル過ごしてしまった50代女性の多くは、実際に次のような後悔の念を抱いているからです。

  • 完全に受け身だった20代・30代。その流れに従ったまま、40代・50代も会社の言いなり…。
  • 50代になった今でも『自分の人生をちゃんと自分の意志で生きている』という実感が持てません…。
  • 30代後半に戻れるなら、40代を惰性で過ごすことのないよう真剣に将来設計を立てる。

今の会社で管理職やプロフェッショナルを目指すにしても、転職や起業をするにしても、それなりの努力と準備が必要になってきます。

しかし、自分の目指す未来像がはっきりしていないと、せっかくの努力も的外れなものになりかねません。努力しても準備が整わなければ、やがて「現状を維持するだけで精一杯になってしまう」ものです。

方向性がはっきりしていれば、自分をどう磨き、いま何をするべきかがわかります。自分の人生を迷わず進むことが出来ると『自分の人生を自分の意志で生きている』という感覚も持てるようになるでしょう。

40代からの自分の可能性を試すためにも、30代後半の今が人生設計を見直す一番のタイミングです。自分の人生は、闇雲に浪費するのではなく『丁寧に、大切に』使うべきではないでしょうか。

今こそ人生の目的を掲げましょう。それが、人生の後半を幸せに生きるための秘訣なのです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ