【一瞬で気持ちを切り替える方法】くよくよ考えすぎる性格はウソ?

【一瞬で気持ちを切り替える方法】くよくよ考えすぎる性格はウソ?

 

人は一瞬で変わることが出来る。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

くよくよ考えすぎる人は、回し車の中で走り続けるハムスターと変わりません。どんなに足を動かしても前には進めないのです。前に進むには『足を止め、回し車から降りる』他に方法はありません。たとえ人間であっても、ルームランナーから降りる必要があるのです。

思考の膠着状態から抜け出す方法もそれと同じ。まずは、地に足をつけるべきです。

そもそも、考えすぎてしまう時ほど「考える材料(情報量)が少ない」もの。だから『憶測で物事を考えることしか出来ず、適切な答えが出せない』のです。

少ない情報だけで答えを出そうとしても、おおかた「ハズれる」ものですよ。そう考えたら『ひとまず考えるのを中断し、もっと情報を集める』べきでしょう。

考えても考えても答えが出せない時は、そのまま考え続けるのではなく、ひとまず『行動に意識を向ける』ことが賢明です。

面白い事実を一つお話致しましょう。

Chat-2-icon

私がご相談者様のお話をお聴きする時は、まず「親しみを感じてもらいリラックスして頂く」ことからスタートさせます。

すると、たいていの方は緊張がほぐれ、笑ってくれますし、イキイキとした口調で話し始めてくれます。一見すると「本当に悩みなどあるのだろうか」と思えるほどです。

しかし、私が「それではご相談内容をお聞かせ頂けますか?」と切り出すと、それまでの楽しげな雰囲気がパッと切り替わり、すぐさま溜め息をつきながらご自身の苦悩を話し出されます。笑顔が消え、言葉に張りもなくなり、思い込んだ様子になるのです。

それを見聞きした私は、そこであえて「あの、ちょっと一旦よろしいですか?突然ですが、甘いものは好きですか?」と話の腰を折るような真似をします。

ほとんどの方はすぐに話を中断して「えっ?あ、はい好きです」という返答になるのですが、私がそのまま「最近食べて美味しいなと思った甘いもの体験を教えて下さい」と続けると、、、しばらくして表情には笑顔が戻り、声も明るくなって「つい先日ネット通販で取り寄せたバームクーヘンがとても美味しかった」「友達とたまたま入ったカフェのシフォンケーキが驚くほど美味しかった」などと楽しげに話し始めてくれるのです。

何を確認したかったのかと言うと、大多数の人は『気持ちをパッと切り替える術をすでに身に付けている』ということ。身に付けているという「自覚がないだけ」と言ったほうが適切でしょうか。

いずれにせよ、「考えすぎる、悩み続ける」というループから抜け出す方法をあなたはすでに知っていますし、その術も身に付けているのです。

働く女性のためのお悩み相談窓口

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

あなたはすでに「思考の堂々巡りから抜け出す力」を備えています。

考えすぎて疲れを感じたら、そのことを思い出して下さい。きっと、考えることを中断できるはずですよ。パッと一瞬で。

こちらの記事も女性に読まれています。

【寂しさ・孤独感の解消方法】不安を克服する必要はありません。

なるほど、「考えすぎ」の原因はそこにあったのか!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ