高給取りの女友達に嫉妬。働く女性の『経済的な不安・劣等感』

高給取りの女友達に嫉妬。働く女性の『経済的な不安・劣等感』

今回は、「同年代の女性よりもお金を持っていない」ことが不安な女性のために『経済的な不安を小さくする考え方』をご紹介致します。

 

大森篤志

一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

私のお給料は平均以下・・・

働く女性が勢いよく活躍する現代ではありますが、現実には「あまりお金がない」という悩みを抱えている女性が後を絶ちません。

どんなに男女平等を謳っていても、依然として「男性よりも女性のほうが給料が少ない」という実態が透けて見えます。

つい先日も、36歳の独身女性からお金の悩みがポロリ。ため息をつきながら、こう言うのです。

 

女性
私は同世代の中で貧困層。30代の平均月収を大きく下回っているし…「私は毎日何してるんだろう」って虚しくなる。

 

自分よりもお金がある同世代の友人たちをうらやむ彼女の感情は、嫉妬というよりも『劣等感』でした。

 

劣等感を小さくするコツ

ここからは私の持論ですが、劣等感から抜け出すことを考えたら『比べる相手を変えてみる』のも一つの方法になると思います。

例えば、自分よりも待遇の悪い条件で働いている同世代の女性に目を向けてみる、とか。あまり言うものではありませんが、確実に存在するはずですよ。

月給18万円の人が月給30万円の人と比べるから卑屈になるのです。上を見たらキリがありません。

つらく苦しい境遇の人が、自分よりも壮絶な他人の苦しみを耳にすると「自分より苦しい人はたくさんいる。むしろ自分はまだ恵まれている」と思えて気持ちがラクになることがありますが、それと同じことです。

「不幸なのは自分だけ」と考えているうちは劣等感の呪縛から開放されることはないのです。

 

上ばかり見ない

「自分にないものを持っている」と感じる相手ばかりと自分を比べていると、より『自分の欠けている部分』に目が向いてしまいます。劣等感に火がつくのも無理はありません。

自分が惨めに思える時や他人をうらやむ気持ちがこみあげてくる時は、まず『視野を広くする』ことが肝心です。

上ばかり見ないで、下も左右も見るようにしましょう。

意識して視野を広げてみると、自分に無いものより『すでに自分にあるものに目を向ける』ことが出来るものです。

自分がいかに恵まれているかを実感することが、経済的な劣等感を小さくします。上を見て足りないと卑屈になるのは贅沢なことなんですよ。

今の自分にできることを続けていれば、お金という数字よりも大切なものに気づく時が必ず来るはずです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

*当記事は投資などの勧誘を目的としたものでは御座いません。あくまでも閲覧ユーザー様自身が行う判断と自己責任において利用するための情報を提供するものとします。

 

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ