【前編】始める前に学んでおきたい「知識ゼロでも分かる株式投資」

【前編】始める前に学んでおきたい「知識ゼロでも分かる株式投資」

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

今回は、「知識ゼロでも分かる株式投資(前編)」をお届けします。

 

「そろそろ株でも始めようかな」と思っている大人の女性は多いですよね。

同時に「株って難しそう」「いまいちよく分からない」と感じている人も多いようです。

そこで今回は「株式とは?」を一緒に学べる場をつくりました。

 

「会社」を知ろう。

会社は、売上をつくることで初めてお金が会社に入ってきます。

つまり、最初は「その売上を作る為のお金が必要」なのです。

最初から自分のお小遣いだけで運営できる事業や会社形態もあるにはありますが、多くの場合は、設備費だったり、宣伝費だったり、人件費だったり、売上をつくる為に大きな資金が最初に必要になります。

 

そんなとき、会社がお金を手に入れる方法は以下の2つ。

  1.   銀行から「融資」を受ける(銀行からお金を借りる)
  2. 「株式」を発行して株主を募集する

今回は「株式」について学んでいきますので、「融資」に関する説明は省略します。

 

「株主を募集する」というのは、例えば「30代の女性に向けた日本一のアパレルブランドを立ち上げるので、お金を出してくれる人はいませんか?」などと説明してお金を集めることを言います。これが「出資金」を集めるということですね。

この「出資金」と引き換えに、お金を出してくれた人に渡すのが「株式」です。「株式」を得ると、その会社の「株主」になるわけです。

ただし、会社によって「株式の最低購入単位」が決まっていて、A社では1株から、B社では100株からと違ってきます。

この株数の最低購入単位のことを「一単元(いちたんげん)」と言います。

 

株主のメリット

株主になることで、次の3つのメリットが得られます。

  1. 配当金がもらえる
  2. 株主優待が受けられる
  3. 会社の経営に関われる

それでは、説明していきましょう。

 

メリット1: 配当金がもらえる

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

*当記事は投資などの勧誘を目的としたものでは御座いません。あくまでも閲覧ユーザー様自身が行う判断と自己責任において利用するための情報を提供するものとします。

 

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ