女性管理職に、これだけは伝えたい「○○の落とし穴」

C824_ohanatotegami

 

こんにちは、ビーピーラボの篤志です。

大森篤志

このコラムを読めば『今の時代の女性リーダー』にグッと近づきますよ♪

女性管理職になったら知っておくべきことだと思いますので、一緒に学んでいきましょう。

 

リーダーに必要なのは「ゼロから出直す覚悟」

かつて、会社は生き物だと語ったカリスマ経営者がいました。

私も、そう思います。

 

会社という組織は、人で言えば血液にあたる『人・物・金』をスムーズに循環させ、

詰まりのない健康体(利益体質)であることが望ましいものです。

会社も人と同じように、血液サラサラなら長生きできるわけですね。

 

しかし、血液がドロドロで不健康体(赤字体質)の企業が多いのも事実。

そして、その主たる問題は「リーダーたち」であることも少なくないのです。

 

ズバリ、彼らの『成功体験』が会社の成長を妨げている可能性があります!

「過去の成果 = 今の自分の価値」だと思い込んでいる。会社の上層部たちがそれでは危険なのです。

 

「日進月歩」という言葉では表現が窮屈になってきているほど、今の時代は一瞬一瞬で変化しつづけています。

そんな現代では「過去の成功体験」が通用するとは限りません。

時には、ゼロから出直すことをいとわない「経営に誠実な心」が求められます。

でも、「過去の成功体験」の中に生きる人たちには、それがなかなかできないのです。

 

「会社のキャパシティー」=「会社トップのキャパシティー」というではありませんか。

もし、会社のトップが「過去の成功体験」の中だけに生きていたとしたら、

その会社は「トップの過去の成功体験以上のこと」は生み出せません。

 

これからのリーダーに必要なのは「ゼロから出直す覚悟」なのです。

 

だから、リーダーは変わるのが怖い。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ