男が一緒にいて疲れない女とは?「男女の相性」と「あげまん」の関係性

男が一緒にいて疲れない女とは?「男女の相性」と「あげまん」の関係性

今回は、『本物のあげまん女性になる方法』をご紹介したいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

それでは早速、「男女の相性」について触れながら解説していきましょう。

 

男女の相性は、『お金の価値観』で決まる!?

本物のあげまん女性は、男が独立・起業することを悩んでいたり、本当はやりたいことがあるのに一歩踏み出せなかったりすると、「あなたのやりたいようにやっていいのよ。お金なんて無くなったって、あなた一人くらい私が養ってみせるわ」とサラリと言えてしまいます。

仮に男が失敗したとしても、「生活のことは心配しなくてもいい」と言い切れる覚悟のある女性。経済面で男に依存しない自立した女性。金銭面での不安を取り除いてくれるような生活エネルギーのある女性も「あげまん女性の条件」の一つです。

 

こんなセリフ、本物のあげまん女性にしか言えません。

デートの時に男性が「今日は給料日前で金欠なんだ」と正直に言える女性は、あげまんです。

あげまん女性は、男が「お金がない」と口に出しても「なによ、だらしない」となじったり、「あなたと生活するのが不安」と嘆いたり、男性を執拗にグチグチ責め立てることはしません。

ため息をついたり、ムッとしたりせず、「だったら無理しないでいいよ」と気軽に言ってくれる女性。お互いにお金がないのなら、高額な消費を控えて「お家でゆっくりしよう。そういうのも好きだから」と心遣いが出来る女性。いずれにしても、お金のことでいちいち目くじらを立てないのも、あげまん女性の特徴です。

0-22-nature_color_icon

デリケートなお金の問題であっても、男心を傷つけずに男を立てる心遣いができる女性は、「美人でスタイルがいい」とか「料理がメチャクチャうまい」とか、そういう要素をあっさり超越してしまう『本物のあげまん女性』と言えるでしょう。

男が「今、お金がないんだ」と言うには、ものすごい覚悟が必要。

なぜなら、「彼女を幸せにしたい」と思う男性のプライドの大半は『彼女をお金に困らせないこと』だからです。「お金がない」という言葉を口にするということは、男のプライドを捨てて素っ裸になることを意味するわけですね。

そういうときに、「任せて!高級レストランで食事するよりも美味しい手料理を私がつくってあげるわ。わざわざ外食する必要なんてないよ」と言ってくれる女性を男は求めているのです。

0-15-nature_color_icon

プライドを脱ぎ捨てた時にこそホッと安心できる女性。男のプライドを理解し、男を傷つけないように気づかないふりをしてくれる女性。そんな女性を男が手放すはずはありません。

男性がお金を持っていないときでも、みじめな気持ちにならないで済む女性。彼女の前でなら「ダメな自分」を見せることに恐怖はない。まだ現実味のない夢を語っても真剣に聞いてくれる。大多数の男性は、そういう女性を一生のパートナーにしたいと思っています。

そもそも『お金の価値観が違う相手とは、付き合っても長続きしない』もの。

たとえば、
男が「こういう時間っていいな」と思いながら、二人で美しい夜景を眺めているときでも、「いつまでこんなところでボ〜っとしてるの?お腹空いたんだけど…」などと言ってしまう。

そういう女性にかぎって、男が「よし、今日は靴をプレゼントするよ。前に欲しいって言ってたでしょ?」と促すと、「そういう言葉はお金に余裕のある男が口にするものよ」などとザックリ男のプライドをえぐってしまったりします。

0-23-nature_color_icon

「お金の価値観の相性」とは、『男女の相性そのもの』なのです。

それでは、ここから「男に愛される女の特徴」をよりリアルに見ていきましょう!

『男が一緒にいて疲れない女』になるには?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ