2ページ目:社内恋愛の男性心理が丸わかり!「脈あり態度」はコレっ。

これぞ、男の社内恋愛観。

社内恋愛の男性心理が丸わかり!「脈あり態度」はコレっ。2

「仕事と恋愛」は『水と油』のようなもの。

そんなふうに「仕事と恋愛はまじわることのない関係」と考えている男性は少なくありません。仕事と恋愛をきっちりと切り離して考えています。

その一番の理由は、男性は「仕事上での自分の評価を気にするから」です。お金や女性関係によって仕事の評価が下がるようなリスクだけは絶対に冒したくないのです。

68

私の知人には、社内恋愛が会社内にバレて、その後1年ほどで彼女と別れてしまった男性がいますが、露骨に社内での評価が目減りし、出世の妨げになったと悔やんでいました。

向上心を持って一生懸命仕事に取り組んできた苦労が水の泡となってしまうのは、仕事人間の気質を持った男性にとって決して小さなリスクとは言えません。

まして、別れた彼女が同じ部署の女性だったり、直属の上司と部下の関係だったりすれば、その後の仕事にも大きな影響を及ぼすことでしょう。

 

「そんなリスクを冒してまで、わざわざ恋愛なんてしないよ」

多くの男性はそう考えています。

また、その気持ちがかなり強い男性ほど、既に「経験者」の可能性があり、社内だけでなく、仕事でつながりのある女性との恋愛や交際にも必要以上に警戒しているはずです。

女性よりも男性のほうが「仕事に私情を挟むべきではない」と考える傾向が強いため、『仕事関係者を恋愛対象としやすいのは、どちらかというと男性よりも女性のほう』と言えるかもしれません。

 

男の警戒心が簡単に消えるとき。

男性
仕事は仕事。恋愛は恋愛。

 

この考え方が多くの職場男性のルールです。いえ、そう自分に言い聞かせていると言いましょうか。

しかし、そんな男の理性が全く働かない場合もあります。例えばそれは、『”いいな”と思った相手が理想の女性だった時』です。

男性が職場の女性を見て「いいな」と思うことはよくあることなのですが、そこから「付き合いたい」という感情へはほとんど移行しません。

そうです。理想の女性と出会うまでは、、、

初めは「いいな」くらいの軽い気持ちであったとしても、『自分の結婚相手としても理想的な女性だった』という要素まで加わってくると話が540度変わってきます。

このような場合、もう男は止められません!(笑)

好き

正常な男性なら、会社でのアレコレなど気にも留めず、何の躊躇もせずに彼女を求めるでしょう。

一緒に仕事をしていれば、彼女がどんな女性か(面倒な女か?ずるい女か?一緒にいて疲れない女か?など)もわかってきますし、「いいな」と思う面だけでなく「そこはちょっと…」と思う面も見えてきます。

彼女の人となりを十分理解した上でも理想の相手と思える時、男は「リスクを冒してでも彼女を手に入れたい!」と思うのです。

 

やっぱり知りたい!【社内恋愛成功法の王道】

リアルな現場では、「あまり彼を知らないけれど、なんとなく彼のことが気になるようになった」「彼と話をするようになって、少しずつ惹かれていった」という片想いパターンが多いようですが、男性側にリスクを冒させてまで「仕事上の付き合いから恋愛関係に進展させる」アプローチ力のある女性は少ないものです。

冒頭でもお話しましたが、多くの男性は「よほど心を揺さぶられないかぎり、リスクは冒さない」はずです。

こういう時は、次のような王道の必勝法を実践することが成功への最短距離だと思いますよ。

↓社内恋愛成功法の王道ステップはこちら↓
  1. 仕事を頑張る
  2. 仕事の相談ができる関係になる
  3. 少しずつ仕事以外の話もできる関係になる
  4. 徐々にプライベート話の比重を高めていく(ONからOFFへの転換)
  5. 今度、舞台にでも行きます?とサラリとOFFで誘える関係になる

多くの男性の本音を覗くと『仕事関係の女性から急接近されると警戒する』ようです。

少しずつ仕事以外の話ができる関係になって距離を縮めていくことが有効ですし、まさにそれこそが社内恋愛成功法の王道なのではないでしょうか。

こちらの”職場恋愛記事”も読まれています。

「職場恋愛を成功させる方法」片思い中の働く女性にお薦め

『男性の恋愛心理』を丸裸にできる良質記事15選まとめ!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ