【彼氏、夫に浮気させない方法】不安で心配な女性は必読!

【彼氏、夫に浮気させない方法】不安で心配な女性は必読!

「もしかして、浮気してるかも。。。?」

本記事では、『彼氏、夫に浮気をさせない方法』についてお伝え致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

もしかして…これって、浮気?

  • 夫の携帯に自分の知らない女性から頻繁にメールやLINEが届く。
  • 休日に他の女性と歩いている彼の姿を自分の友達が偶然見た。

このような「彼が浮気をしているのかどうか?」という相談を頂くケースは意外にも少なくなく、彼の浮気に悩む女性は想像以上に多いように感じています。

では、本命の彼女や愛する妻がいるのにも関わらず、どうして浮気をする男性がいるのでしょうか?

彼女や妻に問題があるからでしょうか?それとも、男性の本能なのでしょうか?

 

浮気を「する男」と「しない男」の違い。

0-23-nature_color_icon

「僕に足りないのは靴下じゃない、君だ!」という名言(迷言?)でおなじみ?の石田純一さん。

女性からすれば到底受け入れることの出来ない「(男にとって)不倫は文化だ」という彼の由々しき発言は、あなたの記憶にも刻まれているのではないでしょうか?

こんなことを言ったら「ちょっと!大森さんまで?」と思われてしまうかもしれませんが、世間の女性から非難を浴びた石田氏の言い分も、世の男性なら少なからず理解できる部分もあります。

実際に浮気をしないまでも、残念ながら『どんな男性にも大なり小なり浮気心が存在する』からです。

浮気をする男としない男の違いは、「理性で浮気心を抑制できる男性」か「理性で浮気心を抑制できない男性」かの違いだけと言ってもいいでしょう。

そのため、一様に「男性は、浮気する生き物だ!」と決めつけることも出来ません。とても理性的で、本命の女性だけを一途に愛し続ける男性もたくさん存在するからです。

 

安心してください。男は、変わります!

0-15-nature_color_icon

特に男性は、年齢や経験を重ねていくにつれて、価値観(女性観・恋愛観・夫婦観・家族観など)が大きく変わります。

例えば、10代から20代前半くらいまでの男性は、見境なく女性を求める傾向が強いもの。

「若気の至り」という言葉は、まさに彼らの為にあるような言葉で、この年頃の男性は『何人の女性と寝たか』を競い合ったりすることもあります。

20代も後半になってくると、強烈な肉体関係への執着も落ち着き始め、理性的な男性が増えてきます。

30代になり、会社で責任ある立場になると、まともな男性なら自分のポジションが危うくなるような女性との関わり方は意識的に避けるようになります。

他にも、しょっちゅう会社帰りに他の女性と食事に行っていた既婚男性が子供が生まれた途端に、毎日定時に直帰してくるようになったり。遊び人から一変して、家庭を一番に考える超イクメンパパになることも珍しくありません。

価値観が家族愛にシフトすると、かなり派手に遊んでいた自分の過去は棚に上げ、酒の席で「家族を大事にしない男は最低だ!」と親友相手に説教する男性もいるでしょう。

つまり、多くの男性は『責任の重さと共に女性関係に真面目になっていく』のです。

ごく稀な方々を除いては・・・

 

浮気を悪いと思っていない男性もいる!?

0-39-nature_color_icon

多くの男性が年齢を重ねる毎に女性関係に真面目になっていくのは事実です。

しかし、その一方で『浮気こそが人生の楽しみだ』という価値観を持っている男性も少なからず存在します。

この手の男性は、多くの女性と恋をし、愛し合うことが生き甲斐なのです。

また、浮気を悪いことだとは思っていないため、最初から「浮気をするのは当たり前」という考えを持って、本命の彼女をつくったり、結婚したりする男性もいるほどです。

ただし、「浮気はあくまでも浮気である、一番本気で愛しているのは本命の彼女や妻である」という考えがあり、最終的には必ず本命へ戻ってくるという習性があったりします。

そして、戻るべき場所を失いたくないとも思っていますから、基本は浮気を隠します。また、問いつめられてもシラを切り通す男性が多いでしょう。

中には浮気を正直に話す男性もいますが、よほど理解ある関係でなければ稀なケースだと思っていたほうが賢明ですよ。

男性に浮気をさせない方法とは?

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ