「初デートで解る男性心理と性格」5つのポイントを確認してみて

「初デートで解る男性心理と性格」5つのポイントを確認してみて

今回は、初デートで男性の心理と性格を読み解く婚活テクニックと題しまして、『女性が初デートで確認しておきたい5つのポイント』をご紹介致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

それでは早速「5つのチェックポイント」を解説していきますね!

▼ 関連記事

『男性心理』が驚くほど良くわかる記事10選まとめ
【男性心理学50個まとめ】仕草で男心が丸わかり!スマホに入れとこ。
「男性が本命彼女だけにするキス」男性が本音解説します!

 

1. デートプランがあるか、ないか。

チェックポイント1

予めデートプランを入念に立て、目的地までの最短ルート(例えば、渋滞を避ける道の選定・効率的な電車の乗り継ぎ方法 等)や移動時間から料金まで下調べしているような男性には、たいていの問題は自分一人で解決しようとする基本姿勢があります。

最初から誰かをアテにすることはせず、まずは自力で限界まで試みるタイプと言ってもいいでしょう。

そうは言っても、誰かに甘えたい、助けを求めたい気持ちが全くないわけではありません。

自分の問題で他者を頼るのは”自立した大人として相応しくない行為である”と思い込んでいて、本当は「甘えたい、頼りたい、助けて欲しい」という気持ちがあっても、それをグッと抑圧していることもあります。

自立心があるため”あまり手がかからない”一方、一人で問題を抱え込んで孤立してしまったり、いつの間にか潰れてしまっていることもあるため、状況に応じて”介入していく必要もある”相手と言えそうです。

一方、デートプランは無く、何の下調べもせずに行き当たりばったりで「何とでもなるさ」という男性は、実は『他力本願なところがある』んです。

「何か問題が起きた時は誰かを頼れば済むことだし、そのほうがラク」と考え、これまでの人生でも困った時は誰かに泣きついて解決してきた経験を持つ男性に多く見られます。

周りの人に恵まれた男性とも言えますが、それも度が過ぎると今度は「自分では何もしない人」と思われ、周りから見限られることにもなりかねません。

他者を頼ることが必要な時もありますが、それも程度問題。バランスが大事です。

「一緒にぐうたら生活できるのがラクでいい」という女性もいるかもしれませんが、歩調が合わない人にとっては『彼女になったら苦労させられる』ことでしょう。

いずれにしても、耐力本願の程度については正式にお付き合いする前にチェックしておくほうが賢明です。

 

2. ファッションは派手か、地味か。

チェックポイント2

人間には「外向」と「内向」という特性があります。

ここでは簡単に、”人(社会)と関わることを好む傾向”を外向、”人よりも物やシステムなどに関わることを好む傾向”を内向と捉えてみて下さい。

男性が初デートで着ていく服は、おそらく『その時点で自分が一番気に入っているファッション』であると思われます。必死に頑張っているはず。(笑)

特に色彩には本人の深層心理が顕著に反映されています。色であれば見た目ですぐわかるのでチェックもしやすいですよね。

外向の特性を持つ男性

まず、外向の特性を持つ男性は、明るい色をファッションに取り入れる傾向があります。

例えば、ベースカラーはモノトーンでも、コートだけが明るい色であったり、ネクタイだけは派手な原色だったり、よく見るとカラーシャツを着ていたり。あるいは、きらびやかな腕時計をしていたり、帽子がかなりのアクセントになっていたりする男性は、外向の特性があると判断していいでしょう。

社交的で人脈を作ることにも長けていますので、多方面からの協力を得ながら人生を大きく展開していく傾向もあります。良く言えば、可能性に溢れる人ですね。

但し、派手な格好をするのは、自己顕示欲の表れとも解釈でき、自我が強かったり、さみしがり屋の一面もあります。振り回されてしまう女性も少なくないようですよ。

内向の特性を持つ男性

一方、内向の特性を持つ男性は、地味なファッションを好む傾向があります。

派手な格好を避けようとするのは、「目立ちたくない、注目されたくない」という心理の表れとも言えるでしょう。

控え目で積極性に欠ける性格ではありますが、それと本人の能力とは関係ありません。粘り強く、コツコツ取り組める姿勢は、スペシャリストとしての才能そのものです。

但し、柔軟性に欠ける頑固者の一面もありますので、女性としては特性を理解した上で関わっていくことが賢明です。

 

3. 食の好みは肉派か、魚派か。

チェックポイント3

食の好みから、男性の気質を読み取ることが出来ます。ぜひ、デート中にランチやディナーで注文した彼のメニューをチェックしておきましょう。

その中でも確認が比較的簡単に行えるのが、彼が”肉派なのか、魚派なのか”という点です。

頼んだメニューをチェックするだけでは判断できないという場合は、食事中に「お肉とお魚、よく食べるのはどっち?」「お魚よりお肉のほうが断然好きな感じ?」などと、さりげなく聞いてみて下さい。

お肉を好む「肉派」の男性

まず、お肉を好む「肉派」の男性は、活動的でバイタリティに溢れています。

積極的にお肉を食べるためには、そもそも消化器官が丈夫でなければなりません。内臓が元気である証拠です。

特にステーキなどの豪快な肉料理を好む男性は、繊細さには欠けますが、細かいことは気にしない性格。レアな焼き加減を好む男性ほど、血気盛んな傾向があるようですよ。

お魚を好む「魚派」の男性

そして、お魚を好む「魚派」の男性は、肉派の男性よりも『繊細で穏やかな性格』と言えます。

魚料理は、生のまま(お刺身など)や焼くだけでなく、煮る、蒸す、〆る、漬ける、お吸い物にする等、肉料理に比べて調理方法が豊かですよね。

そのため食べる側も、その味だけでなく、こまやかで丁寧に調理された魚料理を”目で楽しみ、舌で味わう”ような比較的ゆったりとした食事スタイルを好む傾向があります。

特に懐石料理などの芸術的な魚料理を好む男性は、活動的に過ごすよりも、風情を感じながら穏やかな時間を過ごしたいと思っていることでしょう。

 

4. 動物の好みは犬派か、猫派か。

チェックポイント4

実は、彼が「犬派」か「猫派」かによって、深層にある欲求を読み解くことが出来ます。

犬と猫の特性の違いについては、”なんとなく知っている”という人も多いはず。

例えば、犬は「飼い主に従順・忠実」、猫は「気ままで自由」と言えばわかりやすいでしょうか。

犬派の人には、「犬は従順で愛らしく、喜びや嬉しさなどの感情が伝わってくるのがいい。尻尾を振って出迎えてくれる健気さがたまらない。一方、猫は自分勝手で何を考えているのかわからない」という意見が多く見受けられます。

対して猫派の人には、「猫は自由気ままなところが魅力。そこにいるだけで癒やしの存在。常に構ってちゃんでいられたら逆にうっとうしいし面倒くさい」という意見が目立ちます。

これらの意見から、犬派には『支配したい』、猫派には『自由でいたい』という欲求を垣間見ることが出来ます。

但し、これらの欲求がそのまま人間関係に当てはまるかというと必ずしもそうではありません。

犬派なのに他者にペコペコ頭を下げることが全く苦にならない人もいますし、猫派なのに規則やルールを厳守し続けている人もいます。

欲求がかなり深層にあって表面化していないだけとも言えますが、社会環境の中で矯正されてそのまま表面化しない場合もありますので、あくまでもその人の”深層にある欲求として理解しておく”といいでしょう。

 

5. 歩く時の様子はどうか。

チェックポイント5

普段から歩き方にまで意識を向けている男性は少ないもの。

そんな無意識の仕草の中にこそ、人間心理を読み解くヒントが隠されています。

一緒に歩いている時、彼の歩き方や歩いている時の様子をチェックしてみて下さい。

歩くスピードが早く、ちょっと気を抜くと距離が出来てしまう。そんな彼には、せっかちで自己中心的な性格傾向を垣間見ることが出来ます。一緒に歩く彼女にも自分と同じスピードで歩くことを求め、ついてこないとイライラし始めるといった攻撃的な一面も。

(緊急の用件があるわけでもないのに)スマホを操作しながら歩くなど、”ながら歩き”をする彼には、落ち着きのない幼児性(子供っぽさ)がうかがえます。あるいは、緊張や退屈を紛らわそうとする心理が”何かに触る”という行動に表れている場合もあります。

(寒くもないのに)ずっとポケットに手を突っ込んでいる。身を小さくしながらうつむき加減で歩く。そんな彼は、何かに不満を抱えている可能性が高いと言えます。

その不満は、あなたに対してなのか、自分自身のことに対してなのか、世の中に対してなのか。あるいは、全く別のところにあるのか。

いずれにしても、放っておくと二人の関係に悪影響を及ぼしかねませんので、早めに把握して対処する必要があります。

 

おわりに

初デートで確認しておきたい5つのポイント、いかがでしたでしょうか。

  1. デートプランがあるか、ないか。
  2. ファッションは派手か、地味か。
  3. 食の好みは肉派か、魚派か。
  4. 動物の好みは犬派か、猫派か。
  5. 歩く時の様子はどうか。

お付き合いする男性を慎重に選ぶ上で、婚活における初デートは”見極めどころが満載”。言葉を選ばないで言えば『ふるいにかける絶好のチャンス』です。

5つのチェックポイントであなたがOKを出せる相手であれば、積極的に彼と次のステップへ進むべきだと思いますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ