「彼氏の家に呼ばれない!?」彼の本当の気持ちが解る恋愛心理

「彼氏の家に呼ばれない!?」彼の本当の気持ちが解る恋愛心理

女性
私は彼の自宅に招かれたことがありません。彼が私の部屋に来ることもありません。彼と会うのはいつも外です。それ以外は誠実で真面目な大好きな彼です。でも、かなり不安なんです。

 

いつも彼氏に会うのが外だったり、彼氏のお家にも呼ばれない。

たしかに不安になってしまうお気持ちもわかりますが、それはただの『勘違い』かもしれませんよ!

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

男と女の社会的欲求の違い

仕事帰りに夜遊びをする男女を比較すると、圧倒的に男性の方が多いです。

行動心理の観点では、「仕事が終わったら寄り道せずに真っ直ぐ家に帰る」、いわゆる『直帰女子』が多いのは、女性が男性よりも社会的欲求が弱い生き物であることが理由として考えられます。

『社会的欲求の強い男性』は、社会とのつながりを絶たれては生きていけません。

社会との接点を持っていないと不安でたまらないのです。仕事が終わってもなかなか家に帰らない男性には、そんな「ちょっぴり切ない心理」が働いているのです。

この男性心理の観点から考えれば、『仕事帰りに「ちょっと一杯どう?」と誘ったら快諾して付き合ってくれる女性は男性に好かれる』と言えるでしょう。

そして、『飲んで遅く帰ってきても嫌な顔をせずに優しく迎え入れてくれる女性』もまた愛される女性の特徴と言えそうです。

仮にあなたが、外で会うよりも「(彼やあなたの)自宅」で会うことを求め過ぎたり、仕事帰りの付き合い等を否定したりしてしまうと、彼は次第にあなたのもとを離れていくでしょう。なぜなら、社会とのつながりが絶たれてしまうように感じるからです。

社会とのつながりを重視する男性は、どんなに大好きな女性と恋愛関係になっても、二人だけの世界にどっぷり入り込むわけにはいきません。もちろん彼女や妻のことは大切に思っています。しかし、その愛情は『社会とのつながりを保ててこそ成立する』ものなのです。

ところが、女性が大好きな男性と恋愛関係になると、「私だけを見ていて欲しい」「もっとかまって欲しい」という『独占欲』が強くなりがちで、何とかして二人だけの世界をつくろうとしてしまいます。

ハートheart

良好な男女関係を築き、それを維持していくことを考えたら、男と女の社会的欲求の違いを理解し合いながら付き合っていく必要があるということを覚えておいて下さい。

社会や人とのつながりがないと不安な寂しがり屋のくせに、二人の世界だけでは満たされないというのですから、女性からしてみたら男性は単に『わがまま、自己中心的』と思えるかもしれません。

結婚するとより強く実感することになるかもしれませんが、「妻には家にいてもらい、帰ったら『おかえり』と言って迎えて欲しい」けれど、『自分が外で遊ぶことは許して欲しい』と思っているのが旦那の本性なのです。

社会とのつながりは維持しつつ、パートナーも大切にする。もちろんそういうバランス感覚に優れた男性もいますが、どちらかと言うと『本当はそうしたいけれど、男性本能的な恐怖心から社会とのつながりのほうを優先させてしまう』男性のほうが多いと思います。

 

自宅より外で会いたがる男の心理

ハートheart

とても誠実な人柄の彼氏さんが「自宅より外で会いたがる男性」でも、決して安易に「私のことなんてどうでもいいのよ!」なんて考えないで下さい。

「もう冷めてるんだわ。遊びかも。浮気してるかも!」なんて思い込まないで下さい。他に悪い部分や怪しい言動がなければそれはただの勘違いです。

多くの男性は、彼女や妻のことを大切にしています。「言動がともなっていないから信じられない」と思う女性の気持ちもよくわかります。わかりますが、ただ男性にとっては『社会的欲求とのバランスをとることが難しい』だけなのです。

この男性心理が理解できれば、あなたは男性との付き合い方が『かなり上手になる』はず。いたずらに相手を不快な気持ちにさせたり、あなたが要らぬストレスを抱えることもなくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ