クリスマス「女性ひとりの過ごし方」クリぼっちはチャンス!?

クリスマス「女性ひとりの過ごし方」クリぼっちはチャンス!?1

街中がクリスマス一色となる今の時期は、ことさら独り身の女心をセンチメンタルにするもの。

街中で自分と同世代の女性が彼氏と腕を組んで歩いているのを見れば、「羨ましい」と感じてしまうのも無理はありません。

しかし、クリスマスの過ごし方は人それぞれ。皆が同じである必要はありませんよね。

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

今回は、「今のところクリスマスはひとりで過ごすかも…?」という女性に向けて、様々な角度から『女性ひとりのクリスマスの過ごし方』をお伝えしたいと思います。

ぜひ最後までお読み頂けると嬉しいです。

 

今年のクリスマスをどう過ごすか?

クリスマス「女性ひとりの過ごし方」クリぼっちはチャンス!?2

 

男性
今年のクリスマス、空けておいてもらえないかな?

 

この時期に多くの独り身女性が男性から言われたい言葉のひとつではないでしょうか。

しかし、ただ待っているだけでは妄想で終わるのが現実です。

ここはひとつ!今年のクリスマスをどう過ごすか、ちゃんと自分の意志で決めてしまうというのはいかがでしょう。

自分が望んで選択したクリスマスの過ごし方であれば、たとえひとりで過ごすことになっても案外寂しくないものですよ。

『クリぼっちに自由と楽しみを見出す』か、『今から彼氏作りに動き出す』か。

あるいは、『彼氏がいない独り身の女性限定で女子会をする』か、『家族と一家団欒のクリスマスを過ごす』か。

こうしていくつかの過ごし方をあげてみると、何だかどれも楽しそうに思えてきますよね。

受け身のまま「どうせ私なんて…」と内にこもってしまうと『クリスマスを女ひとりで寂しく過ごす』という選択肢しかないように思えてくるものです。

しかし、実はいろいろな選択肢があって、その中から自分で決めることが出来ると思うと、クリスマスに対する意識も変わってきます。

 

クリスマスをひとりで過ごす女性のイメージ

0-03-winter_label

日本が「クリスマスはカップルで過ごす」というムードになったのはいつ頃からだったのでしょうか。

実は、日本のバブル期(おおよそ1986年12月〜1991年2月)の少し前あたりからトレンドが見られ始め、バブル期にはすっかり定着したようです。それ以降、今のようなムードが続いているといったところでしょうか。

アメリカのクリスマスは『家族で過ごす』のが主流ですよね。

クリスマス・イブの夜になると、一緒に住んでいる家族はもちろんですが、離れていて普段なかなか会えない親戚なども集まり、いつもより少しだけ手の込んだ料理を囲み、おしゃべりを楽しんだり、大人が子供たちにプレゼントを配ったりして賑やかに過ごします。

そしてクリスマス当日になると、閉店するお店が多くなるようで、家でまったり過ごすことのほうが多いのだとか。意外にも日本のお正月のムードに近いですね。

0-49-winter_label

「クリスマスに家族やひとりで過ごすことが当たり前」のアメリカ、一方で『クリスマスを家族やひとりで過ごす=寂しい女』というレッテルを貼られやすいのが日本。

頭では「変だよ日本」と思っていても、いくら強がって「別に寂しくない」と言ってみても、どうしたものか『やっぱり愛する男性と一緒に過ごしたい』と願うのがヤマトナデシコとしての心情なのかもしれません。

しかし、見方を変えれば、『そうした日本のムードによってそんな気持ちにさせられているだけ』とも言えます。

 

クリスマスシーズンは「彼氏を作る絶好のチャンス」?

クリスマス「女性ひとりの過ごし方」クリぼっちはチャンス!?3

「クリスマスをひとりで過ごしたくない」と思うのは男性も同じです。

「クリスマスシーズンはどこへ行ってもカップルだらけ」という現象が私たちを錯覚させるのですが、実はここ数年『独身男女の半数以上がクリスマスをひとりで過ごしている人』なんですよ。

そして、
その大半の男性が『クリスマスを一緒に過ごす女性が欲しいと思っている』のです。

つまり、
クリスマスシーズン(ハロウィンが終わった直後・おおよそ11月1日〜)は『彼氏が作れる絶好のチャンス』ということ!

「テキトーに諦めてしまうこと」が、一番自分を苦しめる。

冒頭で「今年のクリスマスは自分の意志で過ごし方を決めよう」とお伝えしました。

でも、何も考えずテキトーに考え「今年もクリぼっちでいいや」と諦めるように決めてしまうことはお薦めしません。

少しでも「やっぱり誰かと楽しく過ごせたらいいな」と思う気持ちがあるのならば、この絶好のチャンスは活用すべきですよ。

この時期に「出会いがない、私には無理」と早々に引きこもっていてはチャンスをものにすることは出来ません。積極的に行動しましょう!

闇雲に行動しても自分が疲れてしまうだけですので、後ほど『アプローチ方法や男性心理を用いた恋愛テクニック』を詳しくお伝えします。

 

 

「クリぼっち」が続いている女性が気を付けたいこと。

0-50-winter_label

クリぼっちが続いている女性ほど、「クリスマスシーズンに突入すると反射的に彼氏作り諦めモードのスイッチがON」になりやすいようです。

あなたはどうですか?

24日と25日に予定が入っているフリをしていませんか?

同僚や友達から「今年のクリスマスは何か予定入ってるの?」と聞かれると、忙しいフリをして「なんだかんだやることがあって」などと答えていませんか?

実は、その見栄や強がりがチャンスを逃すことに繋がってしまうこともあるのです。

男性
(なんだぁ、もう予定があるのか…。残念)

 

あなたの受け答え(見栄や強がり)を聞いていた近くの男性が、「あなたを誘うことを諦めてしまう」ケースは実際に結構あるんですよ!!

見栄や強がりは言わず、こう言えば男性は誘いやすい!

女性
このままだと、クリスマスソングをかけながら一人でチキンを食べて過ごすクリぼっちになりそうだわ。
女性
クリぼっちを回避するために残業でもしようと思っていたのに、今年は土日が休みなのよね。

 

こんなふうにユーモアあふれる表現で「クリぼっち」というフレーズを使えば、奥手な男性にも勇気を与えることが出来ます。

心理的に程よく抵抗感が薄れるため、それを聞いた男性としてはとても誘いやすくなります。

冗談交じりに「クリぼっち」というフレーズも賢く使えば、男性を必要以上に身構えさせず、「予定がないなら誘ってみようかな」という気持ちにさせることが出来ます。

 

クリスマスシーズンの残業は「職場恋愛」の最高のキッカケ!

クリスマス「女性ひとりの過ごし方」クリぼっちはチャンス!?4

「クリスマスまでに職場の男性を落としたい!」という人にお薦めな攻略法は、『クリスマスシーズンの残業は積極的に受け入れる』ことです。

クリスマスシーズンこそ気を抜かず一生懸命働きましょう。

残業はないに越したことはありませんが、もし残業するハメになったとしても、クリスマスシーズンの残業だけは今までのように溜め息をつくことはありません。

なぜなら、残った社員同士の結束が高まるという効果もあるからです。

つまり、一緒に残業する社員の中にあなたの好きな男性がいれば、その彼との距離を一気に縮めることが出来るかもしれないのです。何もイベントがない日と比べるとその効果は絶大です。

男性
世間はクリスマスシーズンだっていうのに…いいの?残業なんかしてて。
あなた
ホントよね。でも、下手にひとりで過ごすのも寂しいから、私には残業がありがたい。(笑)

 

こんなふうに柔和な笑顔で返されると、その場では「寂しいやつだな~」とか茶化しながらも、内心では「思い切って誘ってしまおうか…」とドキドキしているのが男性心理なんですよ!

▼ 関連記事

【女性版】片思いの職場恋愛を成功させる男性心理まとめ!
社内恋愛の男性心理が丸わかり!「脈あり態度」はコレっ。
【職場男性の脈あり態度、言動】男性のインタビュー結果発表

 

クリスマスを男性と二人で過ごす方法

クリスマス「女性ひとりの過ごし方」クリぼっちはチャンス!?5

もしあなたが「今年のクリスマスは絶対に男性と二人で過ごしたい!」と自分で決めたのなら、一緒に過ごしてみたい(または、一緒に過ごしてみたら意外と面白いかも)と思える男性に『自分からアプローチし続ける』こと以上に確実な方法はありません。

断られる度にいちいち落ち込んでしまうようではいけませんよ。「試しにどう?」くらいのノリで気軽に声をかけるほうが数をこなせるものです。

「自分からアプローチするのは抵抗がある」という女性は多いかもしれませんが、何も『カップルとしてクリスマスを過ごす』ことを意識する必要はありません。

とりあえず「今年のクリスマスはどうするの?」と探りを入れて、もし「寂しいクリぼっちさ」という返事が返ってきたら『じゃあ、ちょっと私に付き合ってくれない?』とサラリと食事にでも誘ってみましょう。

 

直接聞くことに抵抗があるなら、メールやLINEでもOK

dialogue-assets-chat-32

万が一それで断られたとしても、『そっか、了解!他を当たってみるね』と明るく返答すれば、相手に余計な気遣いをさせることはありません。むしろ、最近の男性はこういう「サバサバしてるけど明るい感じ」が彼の男心を掴むことに繋がります。

どうしても「いろんな男に声をかけている尻軽女、必死に男探しをしている寂しい女と思われたくない」という気持ちが拭えないのなら、『そっか、残念!人数は多いほうが楽しいかなと思ったんだけど、仕方ないね』などと”単なるメンバー集めで誘った”という意味合いを強調しておけばいいでしょう

自分からアプローチしていくと、『驚くほど自分に自信が付いている』ことがわかりますよ。

細かいことは全てクリスマスのせいにして、『自分からのアプローチ』を楽しんじゃいましょう。

 

「フレキシブルなクリスマスの過ごし方」がお薦め!

クリスマス「女性ひとりの過ごし方」クリぼっちはチャンス!?6

世の中のクリスマスムードに流されて疲弊してしまうことほど自分にマイナスなことはありません。

必死になって『クリスマスシーズンだけカップルになれた』としても、それでは時間の無駄ですよね。

そこで、『フレキシブルで今どきなクリスマスの過ごし方』もお薦めします。

 

▼ 関連記事

『男性心理』が驚くほど良くわかる記事10選まとめ
【男性心理学50個まとめ】仕草で男心が丸わかり!スマホに入れとこ。
【クリスマスの男性心理】がよく解る記事まとめ10選

『フレキシブルなクリスマスの過ごし方』とは?

例えばクリスマスシーズンに男友達と食事に行く。もちろん「ただの友達として」です。

あるいは、独り身の男女を集めてちょっとした食事会を開催したって構いません。

どんな形であれ、「クリスマスの異性との交流」はとても大きな恋のキッカケ作りとなります。

実は、クリスマス時期をキッカケに交流を始めた男女は、クリスマス時期に付き合ったカップルよりも遥かにお付き合い期間が長く、結婚へ向かいやすくなるのです。

「クリスマスという特別なイベント共有」と、「徐々に、自然に、お付き合いが始まる」というこの2つがポイント。

ハートheart

  • 11月-12月:一対一または複数人でクリスマスを共有し交流する
  • 1月:元旦の挨拶を電話やLINEをして交流を深める
  • 2月:バレンタインデーで距離を更に縮める
  • 3月:ホワイトデーでグッとカップルに近づく

 

4月になり暖かくなったら外出する機会も増えてきます。

お花見デートしたり、美味しいものを食べに行ったり。この様にとても自然なかたちで二人の仲が深まっていきます。

「そんなに都合良くいくはずがない!」と反論したくなる方もいるかもしれません。たしかに、簡単なことではないのかもしれませんが、何事も行動なくして変化は起きないものですよ。

 

「恋活・婚活サービス」を使うのも現実的です。

ハートheart

「自分周りに“いいかも♪”と思える男性やアプローチしようと思う男性がまったくいない」という場合や「今は本当に忙しくて動きづらい」という場合は、恋活や婚活を支援するサービスを使うのもおすすめです。

「恋活や婚活サービス??」と思われる女性もいらっしゃるかもしれませんが、今の恋活や婚活のサービスは一昔前とは違い、政府もバックアップする国の大切な事業となっていて、女性が安心して利用できるサービスが整っているんですよ。

サービスを運営するのも名の知れた上場企業で、利用者への手厚いサポート体制もあり、クリスマスを本当は素敵な男性と過ごしたい方や、早く幸せな結婚をしたい方は使わない手はないですよ。

大森
ひとつだけお薦めのサービスをご紹介しますね。

私が心理学専門家としても載っている、人気ファッション雑誌「CLASSY」でも紹介された『タップル』という恋活&婚活アプリです。

「趣味つながりで交流する仕組み」なので、話しの合う価値観が同じ男性と早く出会えることを大きく期待できます。恋のきっかけ作りにオススメできるサービスです。


タップル公式アプリをスマホに入れる】
 

この時期にあなたと同じようなことを考えている、あなたにマッチした素敵な男性はたくさんいますよ!

NNN(ニッポンニュースネットワーク)のニュース番組で放送されたアンケート調査によると、『一人暮らしをしている20〜30代男女の52%がクリぼっち』とのこと。

確率的に考えてみても、お互いの望みを合致させるのはそう難しいことではありません。

今年は、『流されない・焦らない・疲弊しない・次に繋がるクリスマスの過ごし方』にしてみませんか?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ