「彼女と会えなくても平気」会いたいとも言わない彼氏の恋愛心理!

「彼女と会えなくても平気」会いたいとも言わない彼氏の恋愛心理!

  • 「彼女から連絡がなくても不安にならないし…」
  • 「彼女に会えなくても平気だし…」
  • 「自分から彼女に会いたいなんて言わないし…」

今回は、そんな彼氏の恋愛心理に迫ります!

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

「彼と会う約束を取り付けるためにLINEで連絡する」という女性は多いと思いますが、『LINEを送っても既読にならない、返事が来ない』という声をよく耳にします。

 

未読スルー、既読スルー…。いったい男性は何を考えているのでしょうか?

女性A
そもそも男性って、、、彼女から全然連絡が来なくても不安にならないの?彼女と会えなくても平気なの?
女性B
「会いたい」と言うのはいつも私から。どうして男性から言わないの?

 

「女性が男性に抱く素朴な疑問」にお答えします。

大多数の女性が勘づいている通り、たしかに「彼女から連絡が来なくても不安にならないし、会えなくても平気」という男性は多いです。

ただし、これは『彼にとっての彼女の位置づけによって異なる』もの。この場合の「位置づけ」とは、『優先順位』や『彼の彼女に対する好意の大きさ』のことです。

 

彼の優先順位を確認する

例えば、彼にとって、仕事よりも彼女の優先順位のほうが高い場合は、仕事中でも合間を見計らって連絡を取り合ってくれるでしょう。

一方、彼女よりも仕事の優先順位のほうが高い場合は、彼が仕事中に彼女から送られてきたLINEを読むことも、返事を返すこともありません。

仕事の優先順位が高い男性の中には「仕事が終わってから上司と飲みに行くのも仕事の内」と考えている人もかなり多いですから、その間も彼女からの連絡を気に留めることはないでしょう。

飲み過ぎてしまい、彼女からの連絡があったことさえすっかり忘れてそのまま寝てしまう。朝起きた時には記憶から消えているという場合も珍しいことではありません。

「おつかれさん!」と言いたいところですが、彼女からしてみたら酷い仕打ちにしか思えませんよね。

とはいえ、多くの男性は『仕事と彼女を比べることは出来ないと思っています』から、ここで女性が「仕事と私どっちが大切なの?」と問い詰めるのは違います。

こういう場合は、『彼にとってどこからどこまでが仕事の内なのか、彼の一日の仕事のスケジュールやサイクルはどんな様子なのか』ということを彼に確認して把握することが賢いやり方。

男が一緒にいて疲れない女とは?「男女の相性」と「あげまん」の関係性

あげまん女性は使わない!!【男性の心が一気に離れてしまう言葉】

「だから返事が来ない」ということがわかっているだけでも、いたずらにフラストレーションを溜めることはなくなるものですよ。

 

彼の気持ちを確認する

もう一つは、彼の気持ちの問題

「彼女(あなた)に対する気持ちがあるかどうか」です。

万が一、彼に「他に好きな女性がいる(あるいは、既に別で本命彼女がいる)」場合は…もう書かなくてもお分かりですよね。

本命でない彼女からの連絡をうっとうしく感じるでしょうし、このまま会わなくて済むならそのほうがいいと思っている可能性もあります。この場合、男性から「会いたい」と言うことはまずありません。

勝手な男性は多いですが、このように『今の恋に区切りをつけてから新しい恋をしない男性』は、中でも最悪な部類に入ります。このまま続けていても、あなたが傷つくだけです。

彼が音信不通で連絡が一切取れない場合は、彼の身近な友人などから真相をさりげなく聞き出してみたり、彼のSNS投稿や彼の友達の投稿をチェックしたりして、彼の気持ちを見極める行動に出ましょう。

そして、彼に他の女性の影を確認した場合、「別に本命彼女でなくてもいい」という女性の方以外は、速やかに別れて下さい。あなたの未来の幸せのためにも。

男が本命彼女だけにする「しぐさ・行動・態度・キス」の男性心理

「男性が本命彼女だけにするキス」男性が本音解説します!

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

彼の「仕事の優先順位」と「彼女への気持ち」。この2点を確認して怪しいところが何もなければ、『そもそも彼はそういう人』ということになります。

「連絡がなくても、会わなくても平気。会いたいとも言わない」けれども『ちゃんと彼女に気持ちがある』という心配いらない男性だと思いますよ。

いずれにしても、何も確認しないまま考えすぎてしまい、悶々とフラストレーションを溜めてしまうのはうまくありません。今回ご紹介した2点を参考にして賢く立ち回りましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ