【職場恋愛の男性心理学】職場で素敵な恋のきっかけ作り

【職場恋愛の男性心理学】職場で素敵な恋のきっかけ作り

今回は『職場恋愛における恋のきっかけ作り』をお届けいたします。

いきなりですが、『熟知性の法則』をご存知ですか?

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

▼ 関連記事

「職場恋愛を成功させる方法」片思い中の働く女性にお薦め
「片思いを成就させる女性向け恋愛テクニック」相性診断付き!

『熟知性の法則(ザイオンス効果)』とは?

heart-658106

何度も目にするもの、何度も耳にすること、何度も顔を合わせる人。人間は「熟知する対象に好感を抱きやすい傾向がある」とされ、それを心理学では『熟知性の法則』と言います。

熟知性の法則は、1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイオンスによって広められたこともあり「ザイオンス効果」とも呼ばれています。

 

職場恋愛のきっかけになる!【職場恋愛の心理学】

heart_DIAMOND

実は、この『熟知性の法則(ザイオンス効果)』を賢く使うことが、職場での恋愛成就の秘訣。何事においても、最善の方法は、得てして「シンプルなもの」ですが、それは職場恋愛にも言えること。やはり、職場でこまめに顔を合わせることが肝心です。

毎日欠かさず挨拶

好きな相手(または、気になる相手)が同じフロア内で働いているのなら、毎日欠かさず挨拶しましょう。

「おはようございます」「お疲れ様でした」などの通例の声がけや、距離が離れている場合は「会釈する」程度でも構いません。あまり露骨なアピールを示すと逆にウザがられることもありますので、通例の行為として地道に繰り返すのが賢いやり方ですよ。

すると不思議なもので、相手は最初こそ内心では「面倒くさい」と思っていても、次第に『あなたからの挨拶を待ちわびるようになる』というのですから、職場恋愛のきっかけを作るうえで熟知性の法則(ザイオンス効果)を使わない手はありません。

 

会えなくても『メールや電話で』接触頻度を増やす。

heart-252375

熟知性の法則(ザイオンス効果)の観点から考えれば、「あなたから相手に『毎日メールする』ことでも同様の効果が得られる」と言えます。

例えば、あなたの意中の相手が同僚の営業マン、一方のあなたは「事務員として営業社員のアシスタント役を担っている」のなら、通例の業務フローの中に『彼と毎日電話やメールのやり取りをする』ことを組み込むべきです。

あなたから彼に毎朝、同じ時間にメール

あなたから彼に毎朝、同じ時間にメールをしましょう。「◯◯さん、おはようございます。今日は会議室を使う予定はありますか?」など、通例の確認メールで構いません。『自然な形で彼との接触を繰り返す』ことが最大の目的です。

これもまた、彼は最初こそ内心では「いちいち面倒だなぁ」と思うかもしれません。しかし、それが毎日、しかも同じ時間に繰り返されることで、いつしか『あなたからメールが来ないと不安になる』というシナリオです。当然、そうなれば彼のほうにも「あなたに対する特別な気持ちが湧きやすくなる」はず。

 

男性
変だぞ、今日は彼女からメールが来ない。会社にいないのかなぁ。まさか、体調不良?心配だ。

 

これぞ熟知性の不思議、「当たり前だったいつものこと」が途切れると、それが「相手を想う『きっかけ』になる」のです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

闇雲に出会いを求めるよりも、出会いの場を「職場」という範囲に限定したほうが、恋は生まれやすくなります。しかし、それでも「その他大勢の女性の中から自分を選んでもらう」には、ただ漠然と同僚として付き合っているだけでは難しいもの。そこで効果を発揮するのが『熟知性の法則(ザイオンス効果)』です。

職場恋愛には慎重な男性も少なくありません。そのため、職場での恋愛のきっかけを作ろうと思うなら、相手男性と「瞬間的に深く関わる」よりも『自然な形で継続的に毎日関わる』ほうが有効ですよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ