「友達の彼氏を好きになった」あなたへのアドバイス

「友達の彼氏を好きになった」あなたへのアドバイス

 

「もし、友達の彼氏を好きになってしまったら?」

 

大森篤志

 

こんにちは、大森篤志です。

人間が「恋をする」という認知や行動には、常識だけでは語ることが出来ない不思議なものがあると言わざるを得ません。

実際に、生まれて初めて会った相手と一瞬で恋に落ちることもあれば、何年も友達関係だったのに突然なんらかのきっかけによって恋愛関係に発展することもあるからです。当然、あなたが親友の彼氏に恋をすることがあっても不思議ではありません。

「そんなのドラマの中の世界でしょ。現実にはナイナイ」と決めつけないほうが賢明ですよ。「女心と秋の空」と言うではありませんか。加えて「恋は盲目」とも。それらは『いくつになっても恋心をコントロールすることは簡単ではない』ということを言っているのではないでしょうか。

さて、もし本当にあなたが身近な友達の彼氏を好きになってしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

もし、友達の彼氏を好きになってしまったら?

おそらく、あなたが友達の彼氏を好きになるまでには「なんらかのきっかけ」があったはず。彼があなたに必要以上に優しくしてくれるとか、彼女(あなたの友達)と彼が喧嘩になると決まって彼からあなたに電話が来るとか。いずれにせよ、彼も「罪作りな男」と言えます。優しくされ、必要とされたら、恋心が芽生えても不思議ではありません。

だからと言って、「好きになっちゃったんだから仕方ない」と猛進してしまうと悲劇を招きかねません。こういう時こそ、頭を冷やして冷静になるべきです。

もし彼が彼女(あなたの友達)に対して愛が冷めていなければ、そもそもあなたと彼との恋愛は成立しません。あっさりフラれてしまったら彼だけでなく友達ともこれまでのような関係ではいられないはずです。

また、友達の目の届かないところで彼と密会するとしても「バレてしまうのは時間の問題」でしょう。そうなれば友達との関係は終焉を迎えます。

はっきり言えることは、「好きになってしまった相手が友達の恋人である場合『ちゃんとしたプロセス』を踏まないで行動すると惨事になりかねない」ということです。

 

ちゃんとしたプロセスを踏む

こういうケースでは、まず「真剣に彼女(あなたの友達)のことを愛しているのか」彼の本心を確かめることが先決でしょう。彼の心が彼女(あなたの友達)に決まっていれば、あなたは潔く身を引くべきだと思いますよ。

逆にあなたにチャンスがあることが判明した場合は、あなたの素直な気持ちを「少しくらいなら」彼に伝えてもいいと思います。但し、いきなり「好きです、私と付き合って欲しい」などとは言わないこと。チャンスを目の前にすると、それを逃すまいと必死になりがちですが、グッとこらえましょう。たとえ「このまま押せば彼と付き合えるかもしれない」状況であったとしても。絶対に友達とダブってはいけません。友達を失う覚悟のある方は別ですが。。。

自分にもチャンスがあると分かったら「機が熟すのを待つ」ほうが賢明

彼と同じ空間にいる時は、頻繁に目を合わせて笑うとか、「いつも一緒にいられる〇〇(友達の名前)がうらやましいなぁ」とさりげなく言うなど、あなたが彼に好意を持っていることが伝われば、それ以上踏み込んだことを言う必要はありません。

少しずつ彼の中であなたへの想いが大きくなっていけば、彼が彼女(あなたの友達)と別れるのも時間の問題です。その後に、うまくいけば『彼の方からあなたにすり寄ってくる』かもしれませんよ。

しかし、たとえ彼の方からあなたに告白したとしても、それを聞いた友達はいい気はしません。それでも、その友達が親友と呼べる相手であるなら、あなたが彼に返事をする前に「きちんと親友に話をしておく」のは大事なプロセスのひとつでしょう。

「実は、、、」と。たとえ親友の言葉に心がこもってなくても「祝福する」と言ってくれたのなら、とりあえずは『ちゃんとしたプロセス』を踏んだうえでのお付き合いになるのではないでしょうか。

 

おわりに

自分にできる限りのプロセスをちゃんと踏んだとしても、親友との友情が壊れてしまうことがないとは言えません。

その時は、最終的には彼と親友のどちらを選ぶか「あなた自身の選択」になります。恋というものは、時に残酷です。恋をする以上、『どんな結果になっても誰も憎まない恨まない』そういう覚悟が必要です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ