【上から目線・横柄・偉そうな男性心理】対処法はあるの?

【上から目線・横柄・偉そうな男性心理】対処法はあるの?

 

今回は、『上から目線・横柄・偉そうな男性の心理』について解説致します。

 

大森篤志
こんにちは、大森篤志です。

 

以前、友人女性から旦那さんの愚痴を聞いていた時、何気なく彼女が言っていた言葉を思い出しました。

 

女性
男って、いつも女性に対して上から目線じゃない?

 

確かに、私にも「女性より男性の方が横柄で偉そうな人が多いよなぁ」と思うところはあります。なぜなら、働く女性たちから私に寄せられるご相談でも、実際に「彼や夫がいつでも優位に立とうとする」という内容が多いからです。

では、どうして男性は女性の上に立とうとする傾向があるのでしょうか?
脳や心理学の見解も交えながら解説していきたいと思います。

 

【男性脳の傾向】「なめられるな!」という脳からの命令

Body-Brain-icon

 

男性の脳には、強い目的意識がプログラミングされています。例えばIKEAに行くなら「ソファを買う」、会話をするなら「問題を解決する」などの目的を持って、自分自身の欲求を満たそうと働くのが男性の脳の特性です。

一歩社会に出たら、男性の脳は「社会的欲求を満たす」ために働きます。男性が勝ち負けにこだわり、収入や社会的地位にこだわるのも、すべては社会的欲求を満たすため。「尊敬されたい」「一人前の男として認められたい」「なめられたくない」などの欲求が、一般的に女性よりも男性の方が強いのもそのためです。もともと備わっている社会的欲求の強さが男性を『上へ上へと駆り立てている』のかもしれません。

一方、女性の脳には、共感意識がプログラミングされています。買う目的などなくてもIKEAでウィンドウショッピングを楽しめますし、会話も思ったことを「ただ共有する」だけで満たされます。社会に出てもタテより「ヨコ」のつながりを大切にし、プライベートでは男性とも「平等」であろうとする傾向があるのはそのためです。そもそも女性には「上から」という概念がない(ある人もいますが少ない)と言えます。

→ 次に心理学的に分析していきます。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ