2ページ目:【男性心理学50個まとめ】仕草で男心が丸わかり!スマホに入れとこ。

男性心理「26〜50項目」

50までいっきにお伝え致します。

ハートheart

  1. 頬杖(ほおづえ)をつく
    退屈や欲求不満の表れ。
    「あれ、私の話つまんない?」
    「(頬杖を解きながら)そんなことないよ」
  2. 頬(ほお)をさわる
    不安や緊張の表れ。自分を落ち着かせようとしたり、照れ隠しをする時などによく見られる仕草である。
    「相変わらずカッコイイね!」
    「(頬を触りながら)いやいや、もう若くないし…(あー恥ずかしくて顔が熱い)」
  3. 自分の髪の毛をつまんでひっぱる、引き抜く
    過度な不安や緊張、ストレスを感じている。自分自身の存在を感じて精神を落ち着かせようとする”なだめ行動”である一方、軽い自虐行為の一つである可能性も。
    「私たちの将来のことなんだけど・・・」
    「(髪の毛をつまんで引っ張りながら)うん。また今度ゆっくり話そう」
    「(こいつ、完全に結婚の話から逃げてるな…)」
  4. 頭をかきむしる
    かなり大きなストレスを抱えている。もはやストレスを自己処理できない状態である場合も。
    「私たちの将来のことなんだけど・・・」
    「(頭をかきむしりながら)今は経済的にそれどころじゃないんだ。仕事が…」
    「(こりゃ諦めたほうが良いかな…)」
  5. 額(ひたい)に触れる
    納得していない心理の表れ。相手に対して疑心を抱いている。何かを熟考している時や困った時などにも表れる。
    「前にも言ったけど、お互いの親公認で婚約するまでは一緒に住めないからね」
    「(額に触れながら)ああ、わかってるよ。もうその話はいいってば」
    「だって、あなたがまた同棲の話を持ち出すんだもん(もう…全然納得してないんだから)」
  6. ネクタイの結び目に触れる、ネクタイを締め直す
    常に適度な緊張感を持っている。気持ちを引き締めて取り組もうとする姿勢でもある。「見られている」という意識も強い。一方、ネクタイを緩めたら「リラックス」し始めている。
    「お疲れ!大丈夫?」
    「(女性の前でネクタイを緩めながら)ああ、どうってことないよ」
    「(強がっていても私には気を許しているみたいね)」
  7. 両手でしっかりと握手する
    人と人との関係を大事にしようとする心理の表れ。情熱的で積極的。実行力のある優れたリーダーや成功者(これから成功する者も含む)によく見られる特徴でもある。
    「はじめまして」
    「(自分の両手を差し出しながら握手を求め)はじめまして、今日はよろしく」
  8. コップを両手で持つ
    慎重かつ心配性である。「間違いを起こしたくない」「失敗したくない」という恐怖心理が働き、何事にも消極的な性格傾向がある。
    「(水の入ったコップを両手で持ちながら)ゴクゴク。ふー」
    「・・・(ラーメン屋で出てくる水の入ったコップをわざわざ両手で持って飲む男を初めて見た…)」
  9. 耳たぶをさわる
    相手の話をストップさせたい時のサイン。相手の話を遮って話をしたいという心理の表れでもある。
    「私の話ちゃんと聞いてるの?」
    「(耳たぶから手を離して)ちゃんと聞いてるよ」
    「じゃあ、さっきの話どう思う?」
    「さっきの話って?」
    「ほらー、全然聞いてないじゃん!」
  10. 唇をさわる
    安心感を求める心理の表れ。誰かに甘えたい時や自立していない人にも見られる仕草である。
    「仕事大変そうだね」
    「(唇を触りながら)でも大丈夫」
    「無理しないでね。(次のお休みの時はわがまま聞いてあげよう)
  11. 髪の毛をさわる
    愛情を求める心理の表れ。誰かに気にかけてもらいたい時によく見られる仕草ですが、中には「後悔していることがある時」や「イライラしている時」などでも表れることがある。
    「は〜(髪の毛をさわりながら何度も溜め息をつく)」
    「どれどれ、モヤモヤを私に吐き出してみなさいな」
    「(おお、察しがいいな。では、今日は甘えさせてもらっちゃおうかな)
  12. 爪を噛む
    愛情不足や欲求不満の表れ。デリケートで傷つきやすいため、仕事や人間関係のストレスに弱い。自分を理解してくれる人からの愛情を強く求める傾向がある。
    「転職するなら早いほうが良いかもね。鬱とかになってからじゃ遅いよ」
    「たしかにそうだな…(爪を噛みながら遠くを見つめる)」
    「(今日は彼の気持ちをとことん理解することに努めよう)」
  13. 突然手が止まる
    恐怖や脅威、緊張や不安、ストレスを感じている表れ。会話の内容が相手の核心に触れた時などによく見られる仕草である。
    「ねえ、ちょっと聞いていい?」
    「(PCのキーボードをタイプしながら)どうした?」
    「実は昨日の昼頃、あなたが女性と手をつないでいるところ見ちゃったんだけど」
    「(タイプしていた手がピタッと止まって)えっ?」
  14. 何をするにも利き手で行う
    慎重かつ心配性である。「何事も正確にコントロールしたい」という心理が働いている。
    「(左手前方にある飲み物を少し無理しながら右手で取り)ゴクゴク。」
    「それくらい左手使わんかい!」
  15. 腕まくりする
    やる気の表れ。積極的に取り組む姿勢である。
    「お腹空いた〜、あの食べ放題のお店に入ろうよ」
    「まあいいけど、俺はそんなに腹減ってないんだよなあ」
    「ここは時間制限ないし、ゆっくり食べればいいんじゃない?」
    ・・・【着席】・・・
    「(腕まくりして)よし、取りに行こう!」
    「ええ!?急に腹減った感じ??」
  16. 襟元や胸元をさわる
    相手に対する好意の表れ。男女の関係になりたいという欲求も隠されている。
    「ねえねえ」
    「(襟元を正しながら)ん?」
  17. 眉毛をさわる
    相手を警戒し本心を隠そうとする心理の表れ。
    「いいから言っちゃいなよ」
    「(眉毛を触りながら)だから何にもないって。(まだ信用できないし…)」
  18. 手のひらを合わせてこする
    恐怖や脅威、緊張や不安、ストレスを感じている表れ。自分を落ち着かせようとする時によく見られる仕草である。
    「(手のひらを合わせてこすりながら)え〜、本日は・・・」
    「(人前で話すのが苦手なんだろうな…)」
  19. 目をこすりながら聞く
    見たくない内容(拒絶の内容)が話題にのぼったことの表れ。「つらい、悲しい、とても見ていられない」などの感情を抑えようとする時によく見られる仕草である。最も拒絶を表すのは、手で目を覆う仕草である。
    「旅行楽しみ〜!」
    「新鮮な海の幸を堪能しようね」
    「そういえば、会社の先輩が旅行先で生魚にあたって、あまりの激痛で救急車呼んだって…」
    「(手で目を覆いながら)うぅぅ。。俺たちも気をつけないと」
  20. 手で二の腕をさわる
    右手で左二の腕をさわるなど、手で一方の腕に触れる仕草は「不安」の表れ。不安や心配が膨らんだ時によく見られる仕草である。
    「本当に大丈夫なの?」
    「(手で二の腕を触りながら)だから大丈夫だって(念の為もう1回確かめておくか…)」
  21. 指をパチンと鳴らす
    ストレスを発散している。ひらめいた時などによく見られる仕草だが、それまでのフラストレーションを吐き出したり、興奮する気持ちをなだめる行為でもある。
    「(指をパチンと鳴らしながら急ぎ足で歩いてきて)ごめん、帰り際に部長にちょっとつかまっちゃって」
    「大丈夫、私もギリギリに来たし。(ストレス溜まってるんだろうなあ)」
  22. 手を開いたり握ったりを繰り返す
    緊張や不安、焦りや葛藤の表れ。気持ちを落ち着かせようとする仕草である。
    「いよいよ次が出番だね」
    「(手を開いたり握ったりしながら)よ〜し、やるっきゃねー!」
  23. お腹をさする
    緊張や不安、脅威や警戒の表れ。気が弱く神経質な人にもよく見られる仕草である。
    「いよいよ次が出番だね」
    「(お腹をさすりながら)あーほんとヤダ、逃げたい。。。)
  24. お腹をポンと叩く
    細かいことはあまり気にしない、ある程度の物事は受け入れる「器量の大きさ」を表す仕草である。
    「任せていいの?」
    「(お腹をポンと叩く仕草をして)おう!俺に任せとけって!」
  25. 手首をさわる
    不満やストレスの表れ。イライラしている時によく見られる仕草である。
    「社長との面談どうだった?」
    「(手首を触りながら)別に…」
    「別にって、何か話したんでしょ?」
    「(手首をグッと握ったり緩めたりしながら)その話はもうやめて」
    「ごめん(突っ込むんじゃなかった…)」

おわりに

いかがでしたでしょうか。

仕草から読み取れるメッセージは、その時の相手の状況や背景(文脈)によって意味が変化します。

例えば、「テストの点数をハッキリ言いなさい!」と親に追求されている時に、子供が首の後ろを手で触ったら『これ以上は追求されたくない』という心理の表れですが、「かゆい!」と言いながら首の後ろを手でさすったのなら『蚊に刺されてかゆい』だけでしょう。

会議中に真顔で無意識にお腹をさする人は「緊張や不安を感じている」のでしょうが、書店でマンガを立ち読み中にちょっと苦しそうにお腹をさする人は単に「腹痛やトイレに行きたい」はずです。

相手の状況や背景を考慮しながら、仕草から真意を読み取るように努めてみて下さいね!

「彼女と会えなくても平気」会いたいとも言わない彼氏の恋愛心理!

LINE既読にならない!既読スルー返事こない!彼の本心はコレ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ