【夢を引き寄せるスマホの待ち受け画面活用術】希望を脳に刷り込め!

【夢を引き寄せるスマホの待ち受け画面活用術】希望を脳に刷り込め!

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

大森篤志

今回は、『スマホの待ち受け画面で”自分の望む人生”を引き寄せる方法』をご紹介します。

 

うそっ、そんなに見てるの?

スマートホンの待ち受け画面。

私たちは一日に何回くらい見ているか、ご存知ですか?実は、平均で約200回も見ているのだそうです。

  • LINE、Twitter、FacebookなどのSNSをチェック
  • eメールの確認や通話
  • 乗換案内(路線・時刻)のチェック
  • アプリの起動(ゲームなど)

その他にも様々な用途でスマホを使い倒す現代人たち。無意識のうちに、待ち受け画面を見る回数が一日平均で約200回になってしまうのもうなずけます。

でもコレ、上手に活かせたりするんです!

 

あなたの潜在意識に刷り込まれています。

人間は、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を備えています。

そして人間には、『影響を受けやすい感覚がある』のです。

統計的には、視覚が約60%、聴覚が約30%、その他が約10%と言われています。多少の個人差はありますが、人が最も影響を受けやすい感覚は『視覚』なのです。

また、『繰り返して見る』という行為によって、さらに大きな影響を受けます。繰り返し見ていると、潜在意識に刷り込まれるからですね。

無意識に一日200回くらい見てしまうスマホの待ち受け画面。その画面から、あなたも大きな影響を受けているのです。

 

待ち受け画面が「どんより」していませんか?

私たちが繰り返し見るモノから大きな影響を受けるのなら、スマホの画面にも気を使いたいですよね?

デフォルトの待ち受け画面のままにしていたり、もともと備わっている待ち受け画像の中から選んでいる場合ではありません。

もっと、あなたにとって意味のあるポジティブな画像にしなければ!

待ち受け画面がどんより暗〜い画像なら、どんより感が刷り込まれてしまいます。

他にも、デザインが格好いいからといって「ドクロ」や「悪魔」など、潜在意識にする込まれるとあまりよろしくない映像は避けた方がいいかもしれません。

待ち受け画面は、『あなたの希望そのもの』だと思ってください。

  • 「こうなれたらいいなぁ」「こうありたいなぁ」という自分の夢にまつわるもの
  • 「気持ちが上がる!」「やる気になる!」という明るくポジティブで自分の大好きなもの

など、自分の望む人生のゴール・イメージに合ったものに変えてみて欲しいのです。

 

想いあれば、道ひらく。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ