食事制限ダイエットは要注意!女性が亜鉛不足になるとヤバイ。

食事制限ダイエットは要注意!女性が亜鉛不足になるとヤバイ。

 

今回は、『食事制限ダイエットの落とし穴』についてお話したいと思います。

 

大森篤志

 

こんにちは、大森篤志です。

 

亜鉛不足の女性は、男性には魅力的に映らない。

亜鉛は、鉄と同じく女性の体にとって大切なミネラルです。亜鉛を「命のミネラル」と呼ぶお医者さんもいるようですが、それは亜鉛が卵巣などの臓器に大量に含まれているからです。また、毛根や粘膜、皮膚などにも亜鉛は多く含まれています。

そのため、女性が亜鉛不足になると、体に次のような変化が現れやすくなります。

  • 髪の毛のツヤがなくなる。細くなる。抜け毛が増える。
  • 爪に縦線が目立つようになる。ツヤがなくなる。ささくれができる。(爪に白い斑点が出る場合も)
  • 肌が乾燥しやすくなる。カサカサする。白く細かい粉が吹く。
  • 風邪にかかりやすくなる。
  • 味覚や嗅覚が鈍くなる。
  • 悪酔いするようになる。少量でも翌日まで残る。

この夏に向けてダイエットを決行しようと考えている女性も多いはず。しかし、過度な食事制限によるダイエットは厳禁です。なぜなら、それだけでも簡単に亜鉛不足を招いてしまうからです。

「男は女性のどこを見るか?」と聞かれたら、多くの男性は、肌や髪、指や爪と答えます。どんなにダイエットで体がしぼられていても、肌がカッサカサ、髪がパッサパサ、手の印象も老けた様子では、どこか「不幸そうな印象」を与えてしまいます。それなら、ちょっとくらいふくよかでも、肌が潤っていて髪もツヤツヤな「健康的な女性を選ぶ」のが男性本能です。(もっと詳しく知りたい方は、記事「【男性心理】男が恋人や結婚相手を選ぶ基準とは?」をどうぞ)

食事の内容に気を使いながら、サプリメントでもしっかりと亜鉛を補うようにしましょう。

 

【亜鉛を多く含む食品】厳選30!

亜鉛を多く含む日本代表といえば、生牡蠣です。

牡蠣(亜鉛を多く含む食品)

しかし、生牡蠣には旬な時期がありますので、普段から積極的に口にするのは難しいでしょう。また、わりと苦手な人もいますし、好きだけど過去に食あたりの経験があって抵抗を感じている人もいるかもしれません。

そこで、日本で日常的に手に入りやすい亜鉛を多く含むお手頃食品を30個厳選してみました。それでは早速、食品100g当たりの亜鉛含有量が高い順にご紹介していきましょう。

  1. ビーフジャーキー
  2. パルメザンチーズ
  3. 煮干し
  4. ココア
  5. 豚レバー
  6. 抹茶
  7. ごま
  8. カシューナッツ
  9. するめ
  10. 高野豆腐(凍り豆腐・凍み豆腐)
  11. カニ缶
  12. 牛肉(肩:牛肩ロースなど)
  13. アーモンド
  14. 牛ひき肉
  15. 卵黄
  16. 牛肉(もも)
  17. コンビーフ
  18. 干しエビ
  19. 焼たらこ
  20. 牛レバー
  21. 味付け海苔
  22. 焼き海苔
  23. きな粉
  24. 鶏レバー
  25. プロセスチーズ
  26. 牛肉(サーロイン)
  27. 生たらこ
  28. ふかひれ
  29. わかめ(乾燥のカットわかめ)
  30. かつお節

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

「ビーフジャーキーって、そんなに亜鉛すごかったんだ」と意外に思った人もいれば、「大好きなパルメザンチーズに大量の亜鉛が含まれているなんて、嬉しい!」と一石二鳥のお得感を感じた人もいるはず。

いずれにしても、今回ご紹介した30食品は「どれも身近なスーパーなどで比較的容易に手に入れることが出来る食品ばかり」。

亜鉛は身近な栄養素です。しかし、意識していないとなかなか摂取することが出来ません。頑張ってダイエットをしている女性の方は特に、健康的なスリムを目指すためにも亜鉛を意識的に取るように心がけましょう。
 

大森

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ