【ダイエットを長く続ける方法】簡単!これなら続けられる。

【ダイエットを長く続ける方法】簡単!これなら続けられる。
今回は、『ダイエットを長く続けてダイエットを成功させる方法』を詳しく、具体的にお伝えいたします!

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

これまでの間違ったダイエット方法をやめ、あなたに合った方法で続けることさえ出来れば、もうダイエットで失敗することはありませんよ。

ダイエットを継続して成功させるために、ご一緒に7つのコツをチェックしていきましょう!

 

1)ダイエットの「目的」をはっきりさせる

女性にとって「健康的に痩せたい」という願いは、『本能的な欲求(自然な考え)』と言えます。キレイであること、美しくあること、若々しくあること。そういう『生来女性が持ち合わせている美意識につながっている』からです。

それゆえに「どうして痩せたいのか」という理由がはっきりしていない女性も少なくありません。本能的に「痩せたい」という衝動に駆られることが多いため、あらたまって目的を考えるプロセスを省略してしまうのです。

実際にダイエットの理由を聞いてみると、「鏡で自分の顔を見たら二重あごになっていてマズイと思ったから」「体重計に乗ったら歴代最大重量になっていてヤバイと思ったから」など、突き詰めていくと『とりあえず痩せなくては』という理由に行き着く女性が目立ちます。

「なんとなく」「とりあえず」という気持ちで始めたダイエットほど続きません。

痩せたい理由を3つ書きだそう!

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

まずは、「どうして痩せたいのか」その理由をはっきりさせましょう。3つほど理由を書き出し、さらにそれぞれの理由を深掘りしていくのがお薦めですよ。

例えば、あなたには「ウエスト周りのお肉を落としてくびれをつくりたい」という理由があるとしましょう。次は、その理由に対して『どうしてくびれをつくりたいのか』と問いながら掘り下げて考えていく。これが深掘りです。

深掘りを続けていくと、どこかで「これ以上は掘り下がらない」という地点に到達します。「夏のビーチで運命の出会いを掴みたいから」「彼氏が欲しいから」というのなら、それが目的です。

その目的を達成させるためには、くびれをつくる必要があり、くびれをつくるためにダイエットという方法を用いる。そういう考え方ですね。

人間には『目的に向かう』という特性があります。誰もが「目的(願望)がはっきりしているほど突き動かされる」のです。

ダイエットも同じですよ。「痩せる目的が明確な分だけ実際の行動に反映される」のです。

 

2)ダイエットの「失敗要因」をはっきりさせる

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

 

毎回ダイエットが続かないという場合は、必ずどこかに問題点があります。

例えば、無理な食事制限や我慢によるストレス等が原因でリバウンドしてしまう。事実、こういうケースは「かなり多い」ですよね。

一日一食にしてみたり、お昼はフルーツだけだったり。ダイエット失敗の裏側には、必ずと言っていいほど『我慢や無理がある』ものです。

あらためてご自身の過去のダイエット方法を振り返ってみて下さい。今考えれば「あれは無茶だった」と思えるかもしれませんが、ダイエット中は自分を客観的に見る視点が欠落しているため、それがわからないのです。

今回のダイエットでは、始める前に『過去の失敗を生かす』ことが肝心です。過去の問題点を突き止めて、今回のダイエットプログラムには組み込まないようにしましょう。

 

3)無理のない目標を設定する

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

「頑張らない、無理しない、我慢しない」これらがダイエット成功のキーワードです。

ダイエットを始める時は、多くの方が「3ヶ月で5キロ痩せる!」という程度の目標を立てるようです。おそらく本人は『それが無理のない目標であると考えて設定した』のでしょう。

しかし、私は「それではまだまだ無理がある」と考えます。もちろん十分可能な目標設定です。しかし、最も肝心なのは『リバウンドしない』こと。「一時的に目標体重まで減らす」のでは意味がありません。それを『キープし続ける』ことが何よりも大切です。

そのためには、まるで「息を吸って吐くように」続けられるダイエットで達成する必要があるのです。無理なく自然に得られた結果であるなら、その後のリバウンドの心配は劇的に小さくなるはずですよ。

例えば、「3ヶ月で5キロ痩せる!」という目標を達成出来なかった過去をお持ちの方なら、その失敗を教訓にして『1ヶ月0.5キロずつ痩せる!(半年で3キロ)』くらいの目標にするべきではないでしょうか。

何事も「一足飛びにはいかない」ものです。欲を出さず、自分に合った目標を設定しましょう。

 

4)ダイエットを宣言する

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

家族や友人、職場の同僚にも「ダイエット宣言しておく」ことも大切です。それが、余計な誘惑から身を守ることにつながるからです。

例えば、友人から「週末にデザートブッフェ行こうよ!」、同僚から「美味しいお店見つけたの。仕事帰りに行ってみない?」などと誘われれば、おそらく行くでしょう。(笑)

しかし、事前にダイエット宣言をしておけば、相手もあなたを気遣ってくれるもの。

たとえ形式的にお誘いがあっても、あなたはダイエットを理由に丁重に断れるはずです。断られた相手も不快にならず納得してくれますので、ダイエット中の余計なストレス発生を予防してくれます。

 

5)日常生活の中に頑張らない運動を組み入れる

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

誰もが承知の通り、「適度な運動」はダイエット効果を高めます。しかし、それも『続けられなければ意味がありません。』

やはり、頑張らない工夫が必要です。

例えば、「駅ではエスカレーターを使わず階段を使う」とか。「自宅から最寄りの駅までは大股早歩きする」とか。「デスクワーク中は背筋を伸ばす」とか。

運動は『日常生活の中に自然な形で組み入れると続けられる』ものがダイエット継続に直結します。

よほどの意志とダイエットに対するコミットがないと、「ジムに通う」「毎朝ジョギングする」などの運動は長続きするものではありません。

ダイエット成功のために運動を長く続けたいのなら、あまり頑張らないことです。

 

6)食べる前にコップ1杯のお水を飲む

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

「食事制限」はダイエットに欠かせませんが、同時に『ダイエット失敗の最大要因』にもなりかねません。

「頑張らない、無理しない、我慢しない」というダイエット成功の3原則から考えれば、食事制限の問題は、頭を悩ますところでしょう。

そこでとっておきの方法を一つ。

ズバリ!『食べる前にコップ一杯のお水を飲む』ことです。それだけで『適量で満腹感を得やすくなる(食べ過ぎを防ぐ効果が期待できる)』からです。

カロリーを気にして食事の量を減らしたり、食べたいものを我慢するような食事制限ではなく、いつも通りの食事の前に『コップ一杯のお水を飲む』だけ。

おやつに関しても同じ考え方です。午後3時頃に「甘いものが欲しいなぁ」と思ったら、まずは『コップ一杯のお水を飲む』だけ。

意識して取り入れれば、それほど難しいものではありませんよね。習慣にしてしまえば、しめたものですよ。

 

7)こまめにストレス解消する

最後は「ストレス対策」です。

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

ダイエットによるリバウンドの根本原因は「ストレスにある」と言っても言い過ぎではありません。

いくら「頑張らない、無理しない、我慢しない」をモットーにダイエットしていても、そこに仕事や実生活のストレスが加わってくると、これまでの対策では間に合わないことがあります。

そこで大事になってくるのが『こまめにストレス解消する』ということです。特に仕事のストレスはダイエットに悪影響を及ぼしやすいので要注意。

次のような職場ストレス対策が、同時にダイエット対策にもなることを心得ておきましょう。

  • 仕事に埋没しないよう「デスクワークは連続1時間まで」等とマイルールを決める。定期的に立ち上がって「ストレッチ」をする。
  • 思うようにいかなかったり、考えがうまくまとまらなくなってきたら「なるべく一人になって大きく深呼吸」する。
  • 見たら元気になれる何かをデスクなどの身近に置いておく。触ったら癒されるものを携帯しておく。
  • お手洗いに行き、石鹸で手を洗ったり、可能なら歯を磨く。身も心も「さっぱりキレイ」にする。
  • 意識的に口角を上げて過ごす。それを時々鏡を見てチェックする。同僚とのコミュニケーションを大事にし、一緒に笑う。

ダイエット中のストレスとの上手な付き合い方

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

「ダイエットなんてもう嫌!」と思ったら、我慢していた脂っこい物も甘い物もガッツリ食べてしまいがちですが、それではストレスの思うツボです。

食欲を抑えるには、(6)でお伝えした通り、食べる前にコップ1杯のお水を飲みましょう。

飲み終わったら大きくゆっくりと深呼吸を3セット行うと「ストレスによる衝動を抑える」ことが出来るんですよ。

 

それでも食べたい!!その時は

それでも「何か食べたい!」という欲求に負けそうな時は、食欲に蓋をするような強引な方法はとらないようにしましょう。

食べたい衝動を無理に抑圧するともっとストレスが溜まるからです。ストレスはダイエット継続にブレーキをかけてしまいます。ここは『あえて食べる』という戦略に出ましょう。

但し、「何をどの程度食べるのか」を決めて厳守すること。今までのように衝動のままに食べてはいけません。

特にお薦めな方法が『ちょっと高級なお菓子を少量食べる』というもの。

イラストアイコン・これなら絶対に続く!簡単で成功するダイエット方法で痩せる

例えば、チョコレートが好きな人なら、明治の「チョコレート効果 カカオ72%」とか。甘すぎないし、美容と健康にいいカカオが豊富なのも女性に嬉しいですよね。1箱75gで300円前後する商品ですから、なかなかの高級品です。ですが、そこがポイント。

ちょっと高級だからこそ、バクバク食べることなどせず、一つ一つを味わって食べようとするはず。手が伸びても一つ(少量)で済む効果が期待出来ますよ。

食べる前の3ステップ

  1. コップ1杯のお水を飲む
  2. 深呼吸を3セット行う
  3. ちょっと高級なお菓子を少量食べる

この3ステップが『ストレスによる衝動を抑えて満腹感まで得られるコツ』です。

ダイエット中のストレスでむしゃくしゃしてきたら『条件付きなら食べてもいい』と考える。それだけでもずっとラクな気持ちでダイエットを続けられるはずですよ。

私が書いた「ストレス解消方法」の記事もダイエットに効果的です!

「またドカ食い?」食べる以外の女性ストレス発散解消方法はコレっ!

できる女性はストレス解消が上手!『食べる、飲む、買う』に頼らない賢いストレス解消法

知らないと、『ストレスを溜め込みやすい女性』から抜け出せない!?

 

おわりに

ダイエットを長く続ける方法」はいかがでしたでしょうか。

自分に合った正しい継続できるダイエットの秘訣は掴めましたか。

継続は力なり!無理せず続けられるダイエットならば、今回のダイエットは、きっと成功しますよ。応援しています!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ