【女性起業相談】30歳で脱サラしフリーランス。自分の無力さを痛感

【女性起業相談】30歳で脱サラしフリーランス。自分の無力さを痛感

本記事は、当サイト「働く女性無料相談窓口」より、働く女性から寄せられたご相談にお答えする内容となっております。もし、あなたも働く女性として同じ様なお悩みをお持ちでしたら参考にしてみて下さいね。

 

相談:「自由を求めて30歳でフリーランスになったものの、いざ一人になって仕事をしてみると自分の無力さを痛感しています。」

相談者:いずみさん(ニックネーム)

私は現在31歳です。ちょうど1年前の30歳という節目の時に8年間勤めていた会社を辞めてフリーランスになりました。

これまでは、会社という後ろ盾があったり、上司や同僚がいてくれたり、安定した給料や手厚い福利厚生があったりしたおかげで、いろいろなことができましたが、いざ一人になって仕事をしてみると自分の無力さを痛感しています。

自分の力で何かを始めれば、自由が手に入って、会社員時代よりもずっと幸せな時間が過ごせると思っていました。しかし、独立して1年が過ぎ、思うようにいかない現状に心が折れそうです。

現状を突破するには、これから何に目を向けたらいいか、どういう考え方をしたらいいか、アドバイス頂けますか?フリーランスとして成功する考え方とか思考のところが知りたいです。

 

回答者:一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志

こんにちは、大森篤志です。いずみさん、ご相談ありがとうございます!

大森篤志

それでは、回答させて頂きますね。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ