働く女性の為の【職場環境でのパワハラ対策・対処方法】

働く女性の為の【職場環境でのパワハラ対策・対処方法】

こんにちは、BP.Labo(ビーピーラボ)の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『上司のパワーハラスメント(以下、パワハラ)対策・対処方法』を6つご紹介します。

上司によるパワハラは、職場において「部下を指導する」という大義名分を振りかざし、怒鳴ったり、威嚇したりという分かりやすい形で表れる場合が多いため、事前に立てておいた対策は十分に活かせると思います。

 

1)パワハラの事実を記録しておく。

多くのパワハラ被害者は、「これはパワハラではないか?」と確信するまでに多少の時間を要しているのが実情です。

パワハラを受けたと初めて確信した時、同時に「実は、ずっと以前からパワハラを受けていた」ということにも気付くのです。

そのため、「以前からのパワハラの事実を詳細に記録していた」という人はほとんどいません。

その場ではパワハラかどうかを判断することが出来なくても、あなたが不快に感じた相手の言動は記録しておきましょう。

小さなことかもしれませんが、後々になって受けた行為がパワハラであると判断された場合は、以前からの記録が大きな効果を発揮することになります。

記録の仕方にマニュアルがあるわけではありませんが、以下のような点に留意しておくといいでしょう。

  • 加害者をハッキリさせる(名前は?どのようなポジションの人か?年齢は?性別は?など)
  • 日時を正確に記録する(何年何月何日何時何分にパワハラを受けたのか?など)
  • 背景や状況をハッキリさせる(どのような状況で?何がきっかけで?場所はどこで?他に誰がいたか?など)
  • パワハラの言動を記録する(どんな言葉で?どんな態度で?どんな声の大きさや表情で?など)
  • 「メモ」+「ICレコーダー」で記録する(音声記録があるとメモの信憑性が劇的に高まるため)
  • 医師に診断書を書いてもらう(ストレス症状など身体に損害が出た場合は証拠になるため)
  • ツールを使ったやり取りの内容は残しておく(メール、LINE、電話の履歴、留守番電話記録など)

 

いずれにしても、「パワハラを受けた時に出来るだけ詳細な記録をとること」が一番大事です。

 

2)加害者に対してハッキリ主張する。

多くのパワハラ加害者は、パワハラ行為であることを自覚しながら、あえて人を傷つけようとします。

被害者の顔をよく見て、困ったり、落ち込んだり、泣いたり、傷ついたりするのを期待しているのです。

そして、被害者の様子を伺いながら「この程度ならまだ大丈夫」「もう少し厳しくしよう」などと考えています。

また、被害者が「言いすぎではないでしょうか?」と意見しようものなら、「ダメなところをダメと言って何が悪い」とパワハラ行為を正当化してくる加害者も多いようです。

パワハラ加害者の行為をエスカレートさせてしまう要因の一つに、「被害者が自分を責めてしまうこと」があげられます。

理不尽な注意を受けたり、叱咤されたりしても、実際は「自分が悪いと思ってしまうため抵抗しない被害者が多い」のです。

大事なことは、加害者に対して「それはパワハラです!」「そこから先はパワハラです!」とハッキリ主張すること。

とはいえ、相手が上司や先輩ともなれば、ハッキリと拒絶の意志を示すのはなかなか難しいものです。

どうしてもズバッと言えない時は、「その言葉はパワハラのように感じて怖いです」と自分の気持ちを伝えましょう。「それはパワハラです!」と決めつけるのではなく、あくまでも「パワハラのように感じます」と気持ちを伝えるのがポイントですね。

加害者は、大なり小なり「相手にパワハラと認識されることを怖れている」ことは間違いありません。その心理を突き、「これ以上はヤバイ」と思ってもらうことが狙いです。

 

3)同士を募る。

あなたに「上司からパワハラを受けている」という感覚があるのなら、同じ職場内にあなたと同じような感覚を持っている人がいる可能性が高いです。

あなたと同じようにパワハラ被害を受けた経験がある人や、直接的な被害経験はなくても「客観的に職場内のパワハラを感じている人」「上司がパワハラ行為をしているところを見たことがある人」もいると思います。

いずれにしても、「上司のパワハラは不快だ!」「職場からパワハラをなくしたい!」と思っている同士は身近にいるものです。そういう同士と一緒にパワハラ対策を考えることが出来れば、実際の行動も起こしやすくなるのではないでしょうか。

一人だけで悩み続けてしまうと、その行き着く先は「泣き寝入りするか、会社を辞めるか」になってしまうことも少なくありません。

パワハラ問題を解決しようと思うなら、一人より二人、二人より三人です。

同士と一緒なら、水面下で職場内パワハラの有無を問うアンケートを行ったり、会社のパワハラ対策を促進するための署名運動を行ったりすることも出来るでしょう。

 

4)会社内の窓口を利用する。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ