男性からも女性からも好かれる女性になる方法。

男性からも女性からも好かれる女性になる方法。

今回は、『男性からも女性からも好かれる女性になる方法』をご紹介したいと思います。

女性の中には「男にはモテるけど女からは好かれない」という女性がいます。

 

大森篤志

 

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

周りの人が「すぐに新しい彼氏が出来てうらやましい」と感じる一方で、当の本人は「彼氏なんかよりも同性の親友が欲しい」と思っていることもあるようです。

さて、異性からだけでなく同性からも好かれる女性になるためには一体どうすればいいのでしょうか。

 

「言葉の使い方が悪い女性」は確実に嫌われる!?

愚痴や悪口ばかり言う、被害妄想が凄い、考え方がネガティブ、思考回路がめんどくさいなど、人から好かれない原因をあげれば切りがありませんが、その中でもリアルな現場で大きな悪影響を及ぼすのが「言葉の使い方が悪いこと」だと思います。

良くも悪くも人に大きな影響を与える言葉として、大きく次の2つの言葉があります。

それは、「人を追い込む言葉」「人に勇気と希望を与える言葉」です。

人は、言葉の使い方一つで「嫌われる人間」にも「愛される人間」にもなります。

結論から言いますと、人を追い込む言葉を使ってしまうと「嫌われる人間」になるきらいがあります。

不思議なことに、相手が「気心の知れた人」や「モノを言いやすい人」であるほど、なぜか追い込む言葉を使ってしまう傾向があるようです。

例えば、ONの場面では「部下・後輩・同僚」に対して、OFFの場面では「親友・彼氏・家族」に対して、といったところでしょうか。

今回は、次の2つのケースで説明していくことにしましょう。

 

1)ONの場面「後輩編」

まず1つ目は、ONの場面で言いやすい相手になりがちな「後輩」を例にご説明していきます。

ONの場面において、誰からも好かれる女性になるのか、嫌われる女性になってしまうのか。それは、あなたの長い仕事人生が天国か地獄かに分かれるポイントではないでしょうか。

ここでは「後輩」を例に説明していきますが、部下や同僚においても同様のことが言えると思います。

 

職場で嫌われる女性先輩がよく使う「悪魔のささやき」

例えば、取引先との打ち合わせ時間まで残り4時間という時点で必要な資料がまだ完成していなかったとしましょう。

そういうときに限って、先輩から「あと4時間しかない!本当に大丈夫なの?」などと追い込まれることも少なくないのではないでしょうか。

「あと4時間しかない」と言われると余計に気が焦ってしまい、淡々とやれば余裕で終わるはずの資料作りも不必要にバタバタしてしまうものです。

この「あと4時間しかない」という人を追い込む言葉は、元々なかった焦りを意識的に生み出し、「このままでは終わらないかもしれない」という不安を増長させる悪魔のささやきだったのです。

 

職場で好かれる女性先輩がよく使う「天使のささやき」

もし、先ほどと同じような状況で「まだ4時間もあるから安心して」と、気持ちを落ち着かせてくれるような言葉をかけてもらえたとしたらどうでしょう。

希望が持てたり、とても救われた気持ちになりませんか?

言葉とは不思議なもので、「4時間しかない」「4時間もある」という語尾の違いだけで、人に与える影響がガラリと変わるものなのです。

先輩の言葉が後輩に与える影響は大きいものです。語尾の違いだけで「後輩にプレッシャーを与えることも、希望を与えることも出来る」ということを心得ておくといいでしょう。

 

2)OFFの場面「親友編」

次の2つ目は、OFFの場面で言いやすい相手になりがちな「親友」を例にご説明していきます。

あなたは、「A?」or「B?」

例えば、あなたを結婚2年目の働く主婦で30歳としましょう。

そんなあなたが、30歳までに結婚したいと願っている現在27歳で彼氏なしの3つ年下の親友に対して何か言葉をかけるシーンをイメージしてみてください。

あなたなら親友に「A」の言葉をかけてあげますか?それとも「B」ですか?

  1. 「もう3年しかないじゃない!もっと攻めの婚活をした方がいいと思う」
  2. 「男を吟味する期間を3年間設けるのは大賛成!理想のパートナーと出会うためには必要な時間だと思う」

 

さあ、言われた親友の気持ちになって考えてみましょう。

どちらの言葉をかけられた方が理想のパートナーを見つけられるような気がするでしょうか。

Aのように「あと3年しかない」と焦らせ追い詰めるのか、Bのように「この3年を有効に使おう」と前向きにさせるのか、言い方ひとつで明暗がハッキリと分かれるのです。

一刻も早く結婚して欲しいと願うなら、あえて「B」を口にしてあげた方が事はスムーズに進むのかもしれません。

重要なポイントは、「焦りを誘ってバタバタさせ、最終的に溺れさせる」のではなく「地に足を付けさせ、着実に前へ進ませる」ことなのだと思います。

 

親しき仲にも礼儀あり。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ