お部屋だけじゃなくて心の大掃除をしよう!

お部屋だけじゃなくて心の大掃除をしよう!

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

今回は、『心の大掃除』についてお話したいと思います。

早いもので、今年も残り僅かとなりました。本当に早いですよね!

今年を振り返ってみて、あなたの一年はどうでしたか?

充実した一年でしたか?それとも…。

まぁ過ぎ去った日々はどうであれ、今の時期の大掃除の質で来年の行末が決まると言っても過言ではありませぬぞ!本気。

 

まずは、「見た目」をキレイに大掃除する。

男性の目から見ても、常に「美」を意識している女性というのは魅力的な存在であると感じます。

「美」と一口に言っても、「外面の美」「内面の美」とがあります。

 

まずは、「外面の美」についてお話していきましょう。

「外面の美」というのは、『見た目の美しさ』のことですね。

メイク、ヘアケア、ボディケア、お肌のお手入れや服装など、自分の見た目に対する美の追求を怠ると、不老不死のような特別な体でない限り、どんな人間でも確実に見た目の美しさは衰えていきます。

他にも、自分の部屋をキレイにすることや職場のデスク上やロッカーの中を整理整頓することなど、自分のいる空間の美の追求を怠ると、ドラマに登場するような執事や家政婦が側にいない限り、職場では「ルーズな人」と思われ、自宅は「ゴミ屋敷」へと変貌するのにそう時間はかからないでしょう。

いずれにしても、慣れきった毎日を過ごしていると、自分でも気付かぬうちに美意識が欠けていくものです。

さて、今のあなたはどうでしょうか?少しだけ自分の行動を振り返ってみてください。

  • 休みの日に自宅近くのコンビニへ行く時はジャージ姿だったりしませんか?
  • 「頑張ったご褒美」とか「付き合いは大事」とか言い訳しながら1年で5キロ以上太ってしまっていませんか?
  • 肌のたるみや黒ずみが気になってはいるけれど日焼け止めクリームを塗るのはめんどくさい。真っ白い歯には憧れるけどタバコはやめられない。そんなふうに、自分に対しても、周りに対しても、美への意識が薄れてしまってはいないでしょうか?

いかがでしたか?

「全部当てはまるかも」と思ったあなた。危ういですよ〜!

今からでも遅くありませんので、今年の年末は、自分自身の見た目も、自分の身の回りの空間も、キレイに大掃除しちゃいましょう!

例えば、クリスマス明けの12月26日から31日までの6日間限定で「お風呂あがりにパックする」とか、「お風呂に入る前の夜1時間だけ自宅の掃除をする」とか、「19時までに夕食を済ませ、以降は絶対に食べない」とか、「着なくなった洋服を処分して、新しく3着追加する」とか、年末期間限定でOKですので「見た目の大掃除」をしてみてはいかがでしょうか。

 

次に、「心」をキレイに大掃除する。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ