誘い方が9割!? 狙った相手との距離を縮めるキラーフレーズ

誘い方が9割!? 狙った相手との距離を縮めるキラーフレーズ

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

大森篤志

今回は、『狙った相手との距離を縮めるキラーフレーズ』をご紹介します。

 

キーマンと仲良くなるための高等フレーズとは?

以前から顔見知りではあったものの…
何となく話しをするきっかけがつくれなかった相手に対して使える便利なフレーズ。

それが、「以前からゆっくりお話したいと思っていました」というフレーズです。

「お話したい」という言葉をさりげなく添えるのがミソ。

取引先の重要な相手であるにも関わらず、なかなか仲良くなれなかったり、新しい先輩や上司との信頼関係を深めたいと思ってはいるものの、繁忙期でタイミングを逃していたり、そんな相手との距離を縮めるときに使える便利なフレーズです。

  • 「今週、お時間ありますか?」
  • 「近いうちにゆっくりお話したいのですが?」

…と、ストレートに伝えても問題はありませんが、変に相手を身構えさせてしまうかもしれません。

こういうときは、スマートに。

「以前からゆっくりお話したいと思っていたのですが、タイミングが難しかったもので。今週あたりはいかがですか?」

と、さりげなくアプローチしてみるといいでしょう。

 

品格女子は、サラリときっかけをつくる!?

これからご紹介するフレーズは、あなたが好意を持っている男性に対しても使えますよ♪

 

「あの…今度ゆっくり食事でもどうですか?」

…と、あなたが肉食女子でストレートに男性を誘えるのであれば必要ないでしょうが、

多くの場合、女性から男性へ単刀直入にお誘いするのは勇気がいることです。

こういうときは、「顔をよく合わせるのに、なかなかゆっくりお話しする機会がなかったですね。一度はゆっくりお話できればと思っていたんです。タイミングが合えば来週あたり、どうですか?」と、さりげなく自然な流れで誘う。

「お話したい」とストレートに言わず、「お話しできれば…」と控えめに言うのがポイントですね。

それでも抵抗があるのなら…「ごあいさつも兼ねて」「皆さんと一緒に」と付け加えるといいでしょう。

一緒に話す機会だけでもつくれれば御の字。相手との距離を縮めるための『きっかけ』がつくれるキラーフレーズです。

ぜひ、効果的に使ってみてくださいね。

 

まとめ)誘い方が9割!? 狙った相手との距離を縮めるキラーフレーズ

狙った相手との距離を縮めるキラーフレーズ:

  • 「以前からゆっくりお話したいと思っていました」
  • 「一度はゆっくりお話できればと思っていました」

ONでもOFFでも相手と仲良くなれるキラーフレーズ、いかがでしたか?

相手を身構えさせずにサラリと誘う。それが相手と仲良くなる秘訣なのかもしれません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ