あげまん女性は知っている!!【男がイヤがる3つの言葉】

あげまん女性は知っている!!【男がイヤがる3つの言葉】

 

こんにちは、BP.Laboの大森篤志です。

大森篤志

今回は、『男が嫌がる言葉』を3つご紹介致します。

「あげまん女性」は、いつでも男関係がうまくいきます。裏を返せば『男が嫌がる言葉』を知っているからとも言えますよね。それでは早速、ご一緒に学んでいきましょう!

 

男が嫌がる言葉:

  1. 「さすが男の子だね」
  2. 「男性ならではの考え方だね」
  3. 「男なら、もっとしっかりして!!」

 

NG①:「さすが男の子だね」

男性を「さすが」と褒めるときに、つい口にしてしまいがちな言葉。それが「さすが男の子だね」という言葉です。

「さすが」と褒めたまでは良かったものの「男の子」と子供扱いしてしまうのはNG。男性はいつだって自分の威厳を守りたいと思っていますし、まして「子供扱い」なんて絶対にされたくない。それでは「男としてのプライド」が許さないのです。

女性からしてみれば、「その男のプライドって何なのよ…」とうっとうしく思うかもしれません。しかし、「プライドがない男性はいない」ということを覚えておいた方が賢明でしょう。どんなに大人の男性であったとしても、必ず「男のプライド」はあるものですよ。

それを心得ておかないと「えっ、今の何がいけなかったの?」「温厚な人だと思っていたのに、急にどうしたんだろう」と、意外な彼の一面を見て驚くことになります。

また、女性は「女性だから」と性別で枠組みされるのを嫌う傾向にありますが、男性は女性ほどではありません。性別の枠組みうんぬんよりも「子供扱い」「バカにする」など、『プライドを傷つけられること』のほうを嫌うのです。

いずれにしても「さすが」と褒めるのなら、「さすが○○さんですね」と性別に関係なく『人として』褒めるのが一番いいですよ。くれぐれも成人男性に「男の子」と子供扱いすることだけは避けましょう。

 

NG②:「男性ならではの考え方だね」

「女性とは違う感覚」だと感じたときに、つい口にしてしまいがちな言葉。それが「男性ならではの考え方だね」という言葉です。先ほどもお伝え致しましたが、男性は女性ほど「性別で枠組みされること」に抵抗はありません。

だからといって「それは男だから言えることでしょ?これだから男は困る」という言い方はNGです。これでは「バカにされた」と受け取られかねません。プライドを傷つけられたことに腹を立て、いきなり不機嫌になる男性も少なくありませんよ。

いくら優しい口調であっても「それは男性ならではの考え方ですね」と言われては、褒められているのか、バカにされているのか分かりにくいものです。

こういう時は、「なるほど、男性の意見は新鮮でいいですね」「女性の私には今まで見えなかった視点です。男性ならではの考えも重要ですね」など、『男としてのあなたを褒めてます』という言い方にするといいでしょう。

 

さあ、いよいよラスト3つ目をご紹介します!→

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ