知らないと恥ずかしいっ!!「今どきのビジネス用語」10選

知らないと恥ずかしいっ!!「今どきのビジネス用語」10選

 

今回は「今どきのビジネス用語10選」をご紹介します。

一線で働く女性なら、相手に言われた言葉をスムーズに理解したいもの。

そこで「知らないと恥ずかしいカタカナ用語」をチョイスしてみました。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

今どきのビジネス用語10選

  1. マター
  2. イシュー
  3. バーター
  4. サスティナブル
  5. ペンディング
  6. レトリック
  7. カウンターパート
  8. エピゴーネン
  9. ドラスティック
  10. ギミック

 

1. その件は○○さんマターでお願いね!!

英語では、事件・事柄・問題などを意味する「マター」。

この「マター」ですが、日本のビジネスシーンでは「○○さんの担当」という意味で広く使われています。

ただし、敬意を含む表現ではないので「先輩マターですね」などと使うと、目上の人に対して不快感を与えてしまうことにもなりかねませんのでご注意を。

 

2. イシューを特定しましょう。

英語では、論点・問題・課題などを意味する「イシュー」。

「イシューを特定する」と言えば、会議や議論の「目的を再確認する」という意味になりますね。

他にも「イシューを整理する」と言えば、論点や問題点を整理するという意味になります。

小泉元首相の「郵政民営化、細川元首相を都知事選に担ぎ上げたときの「原発推進か反対か」などは、小泉元首相が「シングルイシュー選挙」「ワンイシュー選挙」などと呼ばれるゆえんですね。

 

3. ここはバーターでお願いします。

英語では、物々交換などを意味する「バーター」。

この「バーター」ですが、日本のビジネスシーンでは「交換条件」という意味で広く使われています。

「○○する代わりに○○してもらう」という『Give and Take(ギブアンドテイク)』を表現する今どきの言葉です。

「そのバーターでは折り合いませんね」と使ったりします。

その他、テレビ業界では「ある売れっ子タレントさんと一緒に同じ事務所の別のタレントさんを出演させること」を『バーターで出演する』などと言ったりしますね。

 

4. それって、サスティナブルな計画なの?

英語では、「持続可能な」という意味の「サスティナブル」。

たとえば「サステイナブル・ディベロプメント(持続可能な開発)」のように、環境・資源・地域などとからめて使われることが多い。

ビジネスでは、「○○と△△のサスティブルな関係を築こう」などと言ったりしますね。

 

5. その件は、とりあえずペンディングで…

英語では、保留状態・未解決状態という意味の「ペンディング」。

会議や商談などで決定したくないときは「とりあえずペンディングで」などと使われることが多い。

その他にも「○○の件がペンディングしているようですが」など解決を促すときなどでも使いますね。

 

6. 彼女のレトリックにしてやられたよ…

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

この記事に付けられたタグ