「この娘、子供っぽい…」と思われてしまう要注意フレーズ3つ。

「この娘、子供っぽい...」と思われてしまう要注意フレーズ3つ。

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

今回は「子供っぽい印象を与えてしまう要注意フレーズ」を3つご紹介します。

要注意フレーズ:

  1. 「どっちでもいいです」
  2. 「騒がしいですね」
  3. 「急いでください」

 

要注意①:「どっちでもいいです」

選択を迫られたときに、つい言ってしまいがちなフレーズ。

それが「どっちでもいいです」というフレーズです。

「午前と午後なら、どちらがよろしいですか?」と聞かれて「どっちでもいいですよ」と答えるのは大人の言い方ではないですね。

こういうときは、「午前だとありがたいですね」とズバッと意見するか、

本当にどちらでもいいなら、

  • 「○○様のご都合に合わせますよ」
  • 「○○様にお任せします」

などと言うのがいいでしょう。

「どっちでもいい」と答えると子供っぽい印象を与えてしまいます。

また、「どっちもいいよね」と言うと『優柔不断』な印象の方が強くなります。大人としての器量をアピールしたいのなら「合わせますよ」「お任せします」と言った方がしっかり伝わりますよ。

 

要注意②:「騒がしいですね」

うるさい相手に対して、つい言ってしまいがちなフレーズ。

それが「騒がしいですね」というフレーズです。

ストレートに「うるさいなぁ」と言ってしまうこともあるでしょう。

でも、うるさい相手に「うるさい」と言ってしまえば、大人の対応とは言えません。

ここでグッと理性を保ち「元気ですね」とサラリと言えるのが大人の女性。

「うるさい」「騒がしい」と言ってしまえば、人間関係がギクシャクしてしまいます。

「元気ですね」という表現なら、本人や周囲の人に伝わっても問題になることはまずありません。

むしろ、「大人だな〜」と思ってもらえます。

自分の言葉が「後にどう影響するのか?」をきちんと考えられる人は、大人ですよね♪

 

要注意③:「急いでください」

遅れてしまった相手に対して、つい言ってしまいがちなフレーズ。

それが「急いでください」というフレーズです。

時間厳守は社会人としてのマナーです。とはいえ、やむを得ない遅刻だってあるはず。たいていの人は、遅れてしまったら「申し訳ない気持ち」でいるものです。

そこへ「急いで!!」と追い打ちをかけてしまえば、相手の立場がなくなってしまいます。

相手が部下など、指導的立場で注意をするのであればビシッと言うべきですが、相手がお客様や自分の管理下にない人であるのなら、

  • 「どうぞ、こちらへ」
  • 「大丈夫ですよ、どうぞ」

などと、普段と変わらない態度で接するのが大人の対応です。

時と場合、相手にもよりますが、大人としての寛容さは持っていたいものですね♪

 

まとめ :子供っぽい印象を与えてしまう要注意フレーズ

要注意①:「どっちでもいいです」

要注意②:「騒がしいですね」

要注意③:「急いでください」

今回ご紹介した注意点を意識して、自分の言葉が「後にどう影響するのか?」をきちんと考えられる大人の女性を目指しましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ