【バレンタインの告白を成功させる!】男心をつかむ6つのポイント

【バレンタインの告白を成功させる!】男心をつかむ6つのポイント

今回は、バレンタインの告白を成功させるための「男心をつかむ6つのコツ、ポイント」をご紹介致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

バレンタインは、女性にとって正当な「かこつけ」が出来る日、いわゆる『女性が男性に堂々と告白できる日』でもあります。

いつもは控え目な女性が積極的にアプローチしても変に浮きませんよ。むしろ、男性はそのギャップに心を打たれるかもしれません。

但し、バレンタインの告白を成功させるには肝心なポイントを押さえておく必要があります。

それはズバリ!
『男心をつかむこと』です。

本記事を読んで男性心理を知り、バレンタインを効果的に利用しましょう!


バレンタインデーお薦め記事

今年のバレンタインいつ渡す?【チョコを渡すベストタイミング】


1. ブランドチョコに興味なし!?

例えば、バレンタインにゴディバやロイズなどのブランドチョコ。

実はこれ、男性の中には「こび売りの義理チョコ」と感じる人もいます。

本当のところ、男性はチョコの価格やブランド、そして味にもあまり興味がありません。(もちろん美味しいに越したことはありませんが、それでもそこまでのこだわりを持たない男性が圧倒的に多いです)

男性が最も興味があるのは次のような行動に裏付けられた『気持ち』です。

  • 自分の為にわざわざ時間をかけて買いに行ってくれた(選んでくれた)
  • 自分の為に気持ちを込めて作ってくれた

つまり、男性は『女性がしてくれた陰の努力(=行動)に大きく反応する』のです。男性の言う「気持ち」とは文字通りではなく『行動によって示される気持ち』という事です。

女性は「言葉」を求め、男性は「行動」を求める傾向があります。

「自分の為に高いお金を使ってくれた」ということだけでは男心は掴めませんよ。

 

 

2. やっぱり、手作りチョコが欲しい!

男性は、女性の『手作り』にとても弱いもの。なぜなら、手作りに込められた「あなただけ」「あなたが初めて」「あなたが一番」という特別扱いされるメッセージが男心を鷲掴みにするからです。

男性の大好物であるこれら3つのメッセージ効果は、物だけでなく言葉にも使えます。例えば、、、

女性
実は、あなたにだけ手作りしたの。
女性
こんなに人を好きになったのは、あなたが初めて。

 

こんなふうに、チョコを渡す時に男心をくすぐる言葉も添えてあげると告白成功率もアップしますよ。

誤解のないようにお伝えしておきますが、多くの男性が女性から特別扱いされたいとはいえ、だからといって「手作りにこだわって欲しい」と言っているわけではありません。

たとえ市販のチョコであっても、現在地から結構離れている◯◯にしかない商品等であれば、男性は「わざわざあんな遠くまで買いに行ってくれたんだ」と感動するものです。

この場合も、やはり値段ではなく、その裏側に感じ取れる行動や努力が男心を動かします。

 

3.「チョコ+α」が成功のカギ!

+αというのは、例えば「直筆のメッセージカード」などです。

告白というものは、本番はドキドキしてうまく伝えられなかったりするもの。

例えば、相手にあまり時間がない時に引き止めてしまうと「何?時間があまりないんだ」と苛立たせてしまうことにもなりかねません。

お互いの心が通い合った状態で告白しないと、せっかくの愛の告白もマイナスに伝わってしまいます。

そんな時、「直筆のメッセージカード」は効果を発揮しますよ。たとえ彼に1分しか時間がなかったとしても、彼を前にしたら恥ずかしくて気の利いた事が言えなかったとしても「はいこれ。手紙も読んでね」と言えばそれで済むわけですから。最大の目的は果たせますよね。

また、サラリと渡されるのを好む男性は意外と多いようです。モジモジされたり、何が言いたいのかよく分からない粘り気のある態度を見せられるよりはずっと好印象に感じてもらえるはずですよ。

但し、渡すものを渡して何も言わずにすぐその場から立ち去るのはNG。ただでさえ男性は鈍感です。チョコだけ食べてメッセージカードに気づかなかったケースもあるほどです。(笑)

はっきり言葉にされない場合、男性は上手く情報を受け取れないことのほうが多いようですので、「カードが入ってるから読んでね!」などの必要最低限のメッセージはちゃんと伝えて渡すようにしましょう。

当日にどんなハプニングが起きてもチャンスは逃さない。メッセージカードは、そのための+αであることを心得ておいて下さい。

 

4. 「自信60%未満」なら、その場で返事はもらわない。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ