『思い通りにいかない時』成功者はこう考える!

『思い通りにいかない時』成功者はこう考える!

 

『自分の思い通りにいかない時に何を考えるか』が肝心。

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

自分の思い通りにいかない時でも、自分とのコミュニケーション(自分の内面で行う対話や、自分自身の主観や考えによって生じる感情との付き合い方)が上手な人は『ストレスが溜まりにくく、その経験を自分の成長や成功につなげるのも上手い』ものなんですよ。

 

思い通りにいかない時の思考をチェック!

人が「思い通りにいかない…なかなか思うようにいかない。」「失敗した」と感じている時の思考は、大きく分けて次の3つの傾向に分類されます。

  1. 他責的
  2. 無責的
  3. 自責的

さて、あなたの思考傾向は…?
3つの思考傾向を詳しく解説致しますのでご自身でチェックしてみましょう。

 

1)他責的

一つ目の「他責的」な思考傾向がある人は、思うようにいかない原因や責任の所在を自分以外の他に求めます。(※他責的・・・「外罰的、他罰的」とも言います)

例1

女性
会議室が空きそうにない?
まったく何をチンタラやってるのよ!長時間の会議ほど生産性がないわ。
男性
おいおい、そこまで言うか・・・

例2

女性
あなたが連休中に旅行に行きたいなんて言うから、こんな大渋滞に巻き込まれたのよ!
男性
もう二度とこいつとは旅行に行かない(イライラ)

 

思うようにいかない時のストレスを自分以外の外にぶつけるため、自分を責めて悲観的になることは少ないですが、周囲からは「人のせいにばかりするいいかげんなやつ」「自己中心的な人間」と思われかねません。

 

2)無責的

二つ目の「無責的」な思考傾向がある人は、思うようにいかない原因や責任の所在を深く追求しません。(※無責的・・・「無罰的」とも言います)

例1

女性
まあ仕方ないよ。会議なら明日でも大丈夫でしょ!
男性
いや、さすがに明日はマズイでしょ・・・(汗)

例2

女性
そんなに急ぐ旅でもないんだし、大丈夫だよ。そのうち渋滞も解消するでしょ。
男性
次の旅行は俺がちゃんと渋滞予測しておかないと同じことになりそうだな。

 

自分も他者も責めないため、温厚で楽天的な性格と言えますが、一方で「問題をうやむやにしてしまう」ところもあるようです。あまりにのんき過ぎると、うまくいかなかったことから学びを得て次に生かすことを怠り、同じ過ちを繰り返すことにもなりかねません。

その場その時のストレスは溜め込まないとしても、問題を先送りにしたツケが回って来ることもあるようですよ。ただし、『ストレスが最も溜まりにくい』のはこのタイプです。

 

3)自責的

三つ目の「自責的」な思考傾向がある人は、思うようにいかない原因を自分に向けて「すべての責任は自分自身にある」と考えます。(※自責的・・・「自罰的、内罰的」とも言います)

例1

女性
会議室が使えないことまでは予測できなかった。自分の管理能力の無さに腹が立つ。
男性
いえいえ、そこまでは誰も予想出来なかったと思いますよ。。。

例2

女性
連休中に車での旅行をOKした私が悪い。電車や新幹線で行くことも考えて返事するべきだった。
男性
ぶっちゃけ、君に非はないと思うのですが、、、

 

自責的な人ほど『ストレスを溜めやすい』ので注意が必要です。「自分が悪い」と考える癖が『自分はダメな人間である』という自覚を促してしまうことは想像に難くありません。

例2であげたように「他者の非まで自分の非にしてしまう」という人もいますが、これは、一見すると「相手への思いやり」のようにも受け取れます。

しかし、人によっては『相手との摩擦を避けるために自分の感情を抑圧している』こともあるようです。いずれにせよ、これではストレスが溜まる一方でしょう。

 

成長して成功する人の『失敗した時、思い通りいかない時の考え方』

さて、思い通りにいかない時のあなたの思考傾向は、今回ご紹介した3つのうちどれだったのでしょうか?

実は、成長して成功する人ほど『バランス思考である』と言われています。

例えば、「相手を責めない」ことが出来ても『自分の意見を言えない』のでは困りますよね。こちらに筋が通っているのなら「自分の意見を主張する」ことは大事なことです。

また、窮地の状況で「なるようになるさ」と楽観的に考えることも、自分の心が壊れる前に「言い訳する」ことも成長や成功に必要な要素と言えるでしょう。

ただし、思い通りにいかないストレスを無闇やたらと外にぶつけたり、必要以上に自分を責めたり、問題をうやむやにして何も考えずにやり過ごすのは違います。それでは成長も成功も出来ません。

人間性を損なわずに(むしろ高めながら)社会活動を続け、自分なりの成功を掴むためには『そのバランスが重要』なのです。

今回ご紹介した3つの思考のどれが良くてどれが悪いという話ではありません。3つとも誰もが持つ思考傾向です。ただ、そのバランスが「成長して成功する人と、そうでない人とでは異なる」という話。そうでない人ほど、一つの思考傾向に偏ったりとバランスが悪いのです。

まずは、どれか一つの思考傾向に偏らないようバランスを日々意識してみることから始めて下さい。それを続けているうちに、あなた自身のストレス耐性が高まり、失敗を恐れない思考になるはずですよ。

▼こちらの記事も読んでみて下さい!

「変わりたいのに変われない」人の理由と変わる方法!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ