日本人がキレやすくなった!?【怒りを抑えて感情をコントロールする方法】

日本人がキレやすくなった!?【怒りを抑えて感情をコントロールする方法】

 

いたたまれない事件が全国で起きています。そのニュースを見る度に胸が締め付けられて、涙が出てくることがよくあります。

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

大森篤志

 

男性が救急隊員を殴る。「救急車を要請してもなかなか来なくて腹が立って殴った」と供述。(産経新聞)

男性2人が電車線路上でもみ合い。ホームで口論となった末の惨事で二人はなんと親子。親子喧嘩で電車が遅れて2500人以上に影響した。(産経新聞)

父親が5歳の次女の腹を蹴り内臓損傷させた。「嘘ついたので腹が立った」と供述。(産経ニュース)

車で男性の足を故意にひき、けがを負わせた。事件前にプールでスポーツ少年団を指導していた男性とトラブル。被害者の男性は「『おめえら何考えてんだ、なんで2人しか泳いでいないのに(プールを)3レーンも使ってるんだ』とか、泣いてる子どももいましたし」と話した。(フジテレビ系 FNN)

ストーカー規制法違反の疑い。以前に交際していた女性に何度もメールを送りつけたり、電話をかけるなどストーカー行為を繰り返した疑いが持たれている。(産経新聞)

 

もちろん、このようなニュースの見出しだけでは解らない事もあります。しかし、すぐキレる、いわゆる「感情コントロールが出来ない」人が増えてきているように思います。

そこで今回は、『怒りを抑えて感情をコントロールする3つの方法』をご紹介します。本記事が、特に「自分の感情とうまく付き合えていない、怒りっぽい」という方の役に立てれば嬉しいです。

1. 「◯◯◯◯」を口に出す。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ