「軽率な娘だな…」と思われている”うっかり女子”がよく使う言葉

「軽率な娘だな...」と思われている

 

こんにちは、BPLaboの大森篤志です。

大森篤志

今回のコラムでは、『うっかりミスをしてしまったときに使える言葉』をご紹介します。

「うっかり女子がつい使ってしまう言葉」と「賢い女性が巧みに使う言葉」をおりまぜながら話していきたいと思います。

 

貴女のイメージはどっち?「うっかりちゃん?」or「しっかりちゃん?」

ついうっかり…ということは人間誰にでもありますよね?

起こしてしまったうっかりミスはもう仕方のないこと。

実は、そのミス自体よりも、そのときについ発してしまう「うっかり発言の方がよっぽど危険」なのです。

なぜなら、うっかり口にした言葉というものは『自分の価値を下げる言葉であることが多いから』です。

 

例えば、

単に「間違えた!」とか、「ミスった!」なんて言葉を多用していると、

周りには『軽い(軽率な)印象』を与えてしまいがちです。

 

人は誰でも間違う生き物ですが、

発言一つで『うっかりちゃん』のレッテルを貼られてしまうのはもったいないこと。

 

特に、目上の人から指摘されたときに、

「うっかりしていて間違えてしまいました」

などと返答すると、責任のある仕事はまわってこなくなることもあります。

 

バカっぽくない!むしろ大人なモノの言い方。

うっかりミスをしてしまったときに賢い女性が用いる便利なフレーズ。

それが、「心得違いで」というフレーズです。

 

  • 「わたくしの心得違いで
  • 「こちらの心得違いで」
  • 「弊社の心得違いで」

という使い方ですね。

 

「心得違い」とは、思い違いや誤解を意味します。

そして、「こちら側の単なる思い違いであって故意ではない」ということを

バカっぽくなく、大人の印象を与えながら伝えることができるフレーズなのです。

 

「わたくしの心得違いで、会議室の予約日時に誤りがありました。申し訳ありません。すぐに手配し直します」

などと使ってみてください。

 

このように、女性の品格を感じさせるお詫びフレーズを用いれば、

謙虚な姿勢や安心感を与えられますから、特に男性にはウケがいいでしょう。

 

【まとめ】「軽率な娘だな…」と思われている”うっかり女子”がよく使う言葉

品格のある女性が使う賢いお詫びフレーズは「心得違いで」です。

「ミスった!」「間違った!」「やばっ!」「うっかり…」はNG。

ぜひ、上手に活用してみてくださいね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ