職場で自分の悪い噂が!?【誤解された時の賢い対応方法】

悪い噂はひとり歩きする!【職場で誤解された時の対応方法】

「悪い噂ほど、アッという間に広がる」職場あるあるですね。職場ではいつも誰かの噂が会話のネタとしてまわっているものです。

そこで今回は、『職場での自分の悪い噂対策と誤解された時の対応方法』についてお話したいと思います。

職場には、ポジティブな人、ネガティブな人、素直な人、批判的な人など、様々な考えを持った人たちが集まっていますよね。

いろんな人がいるがゆえに、なんてことない出来事や発言が人づてに伝わるうちに事実とは異なった余計な尾ひれが付き、気がついた時には悪い意味になって職場中に広がっていたなんてことも珍しいことではありません。

自分への悪い噂は不意にやってくるもの

私の知人女性は、ある日突然部長から呼び出されて「会社の方針なんて守る必要ないよ!とRさんに言ったそうじゃないか。どういうつもりなのか説明しなさい」と言われたそうです。

もちろん身に覚えのないことですから、すぐに「私はそのようなことは言っていません」と反論したそうです。

しかし、結局のところ何の証拠もないため、話は水かけ論に。部長なりの落としどころなのか、「以後気をつけるように!」と厳重に注意されるという損な気分を味わい、いまだにスッキリしないと悔しい思いを語ってくれました。

実際のところ彼女は、「チームで勝つ!という会社のスローガンがあるけれど、その為にもまずは個を高めることが先決だと思うよ」と、他力本願が目立っていたRさんに先輩としてアドバイスをしただけだったそうです。

 

誤解された時の賢い対応方法はコレ!

自分には身に覚えのない誤解をされたら、まずは落ち着いて深呼吸するようにしましょう。

なぜなら、慌てて「そんなことは言ってません!」と反論してしまうと、返って疑われるからです。

やっきになって反論するくらいなら、冷静に反応する方がずっと賢い対応方法だと思います。水かけ論になることを回避し、誤解であることをわかってもらうために「戦略的に相手の感情に訴えかける」のです。

たとえ部長から圧力をかけられても、犯人扱いされたとしても、やっきにならずに次のような返答をしてみてはいかがでしょうか。

あなた
私が一番信頼している部長にまで誤解されてしまうのは、とても悲しいです。

落ち着きを払って、ゆっくりとした口調で相手の目を見て伝えるのがポイントです。

こんなふうに言われて、気を悪くする上司などそうはいません。

あなたの真剣で落ち着いた返答を聞いて、「いやいや、私は君の悪い噂を信じているわけではないんだ」「そうか、私は君の言うことを信じているよ。悪かったね。」と、こちらの味方になってくれる上司はいるものです。

いずれにしても、誤解を解くためには「相手を自分の味方につけること」が先にあるべきでしょう。

誤解しているであろう相手に「私はあなたを信頼しています!」と真っ直ぐ伝えることは、言った言わないの虚しい論議を回避することにもつながります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

「誤解」は、上司や同僚との間にとどまらず、お客様、恋人、家族、友人など、あらゆる人との間において招き得るものです。

今回ご紹介した対応方法はどんな相手にも使えますので、自分を守るためにもおさえておいて損はないと思いますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ