働く女性が『自分に合った仕事、向いている仕事』を見つけるには?

働く女性が『自分に合った仕事、向いている仕事』を見つけるには?

今回は、「働く女性のキャリア相談」と題しまして、働く女性が『自分に合った仕事、向いている仕事』を見つける3つのヒントをお届け致します。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

 

『自分に合った仕事、向いている仕事』を見つけるには?

大森
「好き、楽しい、得意」という三拍子が揃った仕事をしよう!

 

これは、働く女性のキャリア相談を受ける際、常に私がお伝えしているメッセージです。

なぜなら、「好き、楽しい、得意」な仕事をすることが、自分のベストパフォーマンスを発揮できる最も簡単な方法だからです。

さらに、楽しみながら仕事に取り組める本人が幸せなのは言わずもがなですが、そういう幸せな人と時間を共有する仕事仲間やお客さん、恋人や友人、家族をも幸せにします。

また、楽しみながら仕事をしている人は、そうでない人よりも、経済的な成功を遂げやすいという傾向もあります。

いわば「人生の理想郷」に辿り着くわけですが、そのためには、やはり先程お伝えした3つの要素について真剣に考える必要があるのです。

  1. そのことを考えるだけで笑顔になってしまうものは?(好き)
  2. 夢中になって時間を忘れてしまうことは?(楽しい)
  3. 他の人には難しいことでも、自分が簡単に出来てしまうことは?(得意)

 

さらに掘り下げていくと、見つけやすくなる

「好き、楽しい、得意」という3つの要素をハッキリさせて、それらを『さらに掘り下げていく』ことが、自分に合った仕事、向いている仕事を見つける鍵になります。

「掘り下げていく」とは?

「掘り下げていく」とは、簡単に言ってしまえば『自分のこれまでを振り返る』ということです。

例えば、『子供の頃は何になりたかったのか(憧れていたのか)』ということに思いを巡らせてみたり、小さい頃の記憶が曖昧な人は、『子供の頃はどんなことばかりしていたのか(何にハマっていたのか、どんな子供だったのか)』ということを親に聞いてみるのもいいでしょう。

一方、『今の自分はいつもどんなことに惹かれるのか』や『今はどんな時間に心からリラックスできるのか』など、現在の自分自身にも意識を向け、過去と現在での変化を見てみるのも面白いかもしれません。

掘り下げることは、自分自身の棚卸しにもなりますし(※こちらの記事も参考にしてみて下さい。『自分自身の棚卸し』)、そうしているうちに『自分がベストパフォーマンスを発揮できる仕事(業界分野・職種など)は何なのか』が少しずつ見えてくるものです。

私と一緒に「好き・楽しい・得意」をハッキリさせませんか?

大森
『 私と一緒に「自分に合った仕事」を見つけませんか?私、大森篤志が行う働く女性専門の適職診断です。詳しくはコチラへどうぞ

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ