働く女性のワークライフバランスを整える3つの考え方

働く女性のワークライフバランスを整える3つの考え方

 

こんにちは、ビーピーラボの大森篤志です。

大森篤志

このコラムでは、「ワークライフバランスを整える方法」をご紹介します。

「日本人は働きすぎ!!」海外の人からは、そう見えるようです。

では、なぜ日本人はプライベートの時間を確保するのが苦手なのか。

仕事の効率化、ONとOFFの関係(ワークライフバランス)を考えながら説明していこうと思います。

 

日本人の勤勉はウソ!?

日本は「週に50時間以上働いている人」の割合が世界で一番高い国。

それなのに、労働生産性(労働者1人1時間あたりの生産額)では、先進国の中で一番低い国なのです。

とっとと帰宅し、長期休暇もバンバンとって、家族と過ごす時間も毎日たっぷりある。

そんなヨーロッパ(フランスやイタリアなど)の方が、日本よりも労働生産性が高いというのだから驚きです。

海外の人が「日本人は勤勉だ」と言うのは、「単純に働く時間が長いだけ」のことを言っているのでしょう。日本人は、「一刻も早く仕事を効率化させること」が必要なのです。

しかし、仕事を効率化しようとするときに障害となるものがあります。それは、考え方です。

私は、次の3つが大きなポイントだと思っています。

 

1. 残業は悪である

1つ目は、残業の考え方です。

結論から言うと、残業は「悪」です。決して、「頑張っていること」を意味するものではありません。

組織の中では、「限られた時間の中でいかに成果を出すか」が求められています。つまり、残業は「さぼっている人(効率化の努力をしていない人)」ということ。

「先輩よりも先に帰るのはマズイ」なんて考えないことです。その思いに縛られると、残業は「頑張っている証だ」という幻想に惑わされることになりますから。

効率化の努力、つまり仕事の質を高めることが先決であって、時間で埋め合わせることは考えないで欲しい。

もしあなたに残業のクセが染み付いているのなら、一からタイムスケジュールを組み立て直すべきでしょう。

 

2. ONとOFFは切り離せない

2つ目は、ONとOFFの考え方です。

ワークライフバランスとも言いますが、そもそもワーク(仕事)とライフ(実生活)、すなわちONとOFFを切り離して考えようとしていませんか?

ズバリ言います。ONとOFFはつながっています。

例えば、職場では誰にでも挨拶するのに、近所で知人を見かけても挨拶しないって人。それでは、職場でも「気を抜いたときは挨拶を忘れてしまう人」になってしまうのです。仕事のときだけはキッチリしたいだなんて虫が良すぎます。

日常の延長線上に仕事があり、互いに影響を及ぼし合いながらつながっているものなのです。

 

3. OFFを活かす

3つ目は、OFFの考え方(在り方)です。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ