転職成功!書類選考を通過する【転職履歴書の書き方・ポイント】

転職成功!書類選考を通過する【転職履歴書の書き方・ポイント】

 

今回は、『転職履歴書の書き方』について詳しく解説していきます。

 

大森篤志

こんにちは、大森篤志です。

次の6つのポイントを押さえておくと、書類選考が通過しやすくなりますよ。

記事後半では、実際に見本画像を確認することが出来ます。参考にしてみて下さいね!

 

1)直筆で書く

履歴書は直筆で書くのが原則。驚くほど美しい字を書くか、個性を感じさせる字を書くか、いずれにしても採用担当者は「あなたの字から重要な要素を見抜く」でしょう。

 

2)市販の履歴書に書く

企業側から特に指定のない場合は、広く普及されている市販の履歴書を使いましょう。

採用担当者は大量の履歴書に目を通すもの。出来るだけ形式が揃っていたほうが読みやすいし、整理する際にも勝手がいいのです。

履歴書一つとっても、そこから『相手を思いやる気持ち』が感じられるもの。個性を履き違えて一風変わった履歴書にするのはかえって逆効果になる可能性があります。

 

3)真実を書く

履歴書は、あなたの情報・データです。書かれている内容が正確であり、真実でなければいけません。

「およそ、約」などの曖昧な情報や、自分を過大評価する内容は控えるようにし、記入する名称や数字などにも間違いがないか確認しましょう。

 

4)口角の上がっている顔写真を貼る

履歴書に貼る写真はかなり重要。本気で採用を狙うなら、セルフ式の証明写真ボックスで撮影するのではなく『プロのカメラマンにお願いする』べきです。

目がイキイキとしていて肌ツヤがよく、口角の上がっている写真を選びましょう。ただし、実物とあまりにも違うのはNG。書類選考が通っても、実物とのギャップが面接では大きなマイナスになってしまう可能性があるからです。

 

5)会社の理念に共感する

志望動機に注目している採用担当者は多い。そのため、履歴書の中で「会社の理念に強く共感しておく」のが賢明です。

しかし、せっかく共感を示しても「そこは重要じゃないよ」と思われてしまうと、採用担当者によっては『この人はうちにマッチしない』と判定されかねません。

会社との相性の良さをアピールするには、「会社の理念とは何なのか」その本質を正確に掴む必要があります。会社情報を徹底的に読み込み、共感するポイントをハズさないようにしましょう。

 

6)即戦力になれることをアピールする

「これまでどのような経験を積み、それがどう生かせるのか」を具体的に書きましょう。

そもそも中途採用の目的は『即戦力の確保』と言っても過言ではありません。採用担当者があなたの履歴書を見て「即戦力になりそうだ!!」と感じれば書類審査はほぼ通過するとも言えるのです。

 

【見本】大森篤志が実際に書いてみたよ!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ