【適職診断】自分に合った仕事探し「質問7つに答えるだけ」

【適職診断】自分に合った仕事探し「質問7つに答えるだけ」

今回は、『自分に合った仕事診断』をお届けしたい思います。ぜひ、以下7つの質問に答えてみてください。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

本記事へ辿り着いた方は、様々な理由があって就活や転職活動を考えている事と思います。

  • まさに今が就職活動中という学生の方
  • キャリアアップのために初めての転職を考えている方
  • 今の会社が倒産しそうで新しい職場を探している方
  • 今の仕事でまったく結果を残せずに半分やけくそになっている方
  • 職場の人間関係にひどく疲弊している方
  • 転職しても仕事が長続きせずに困っている方
  • そろそろ本気で独立起業したいと考えている方

いずれにしても、多くの方が心の中では「次は、仕事内容も職場環境も自分に合った仕事でありたい」と思っているのではないでしょうか。

本記事の内容が、あなたの就活・転職活動のヒントになれば幸いです。
それでは、さっそく『あなたに合った仕事』を探っていきましょう。

 

【仕事診断テスト】あなたは、「A?」or「B?」

やり方は簡単。以下7つの質問に答えるだけです。

これまでの自分を振り返りながら、「今の自分は、Aなのか?Bなのか?」いずれかを素直な気持ちで選んでみてくださいね。

質問1
A:たとえ相手を傷つけると分かっていても、ありのままの真実を伝える
B:相手を思えば、場合によっては、罪のないウソは仕方ないと思う


質問2
A:人から「着実」「計画的」「厳格」などと言われることが多い
B:人から「癒し系」「愛されキャラ」「応援したくなる」などと言われることが多い


質問3
A:チェックや管理の能力は高い方だと思う。人の欠点もよく分かる
B:大らかなところがあって、人や場をリラックスさせるのは得意な方。人をよくホメる方だ


質問4
A:確証や裏付がないと信用しない。感情に訴えられても根拠がなければ残酷な判断を下すことがある
B:泣いて訴えられたら信用してしまうかも。逆に、説得力のあるデータを示されても、相手とのフィーリングが合わなければ信用しない


質問5
A:仕事は、結果が全てだと思う。業績を上げたいし、出世・昇給したいとも思う
B:仕事では、結果よりもプロセスを大事にしたい。仕事を楽しみたいし、人から感謝されたい


質問6
A:理屈っぽいと言われる。データや数値で話すことが多い
B:話が抽象的だと言われる。思いや気持ちで話すことが多い


質問7
A:ルールはルールで必ず守るもの。ルールに例外はない
B:人を不愉快にするルールなら守る必要はない

以上となります。

それでは、今から「Aの数」と「Bの数」を算出してください。

さて、あなたは「Aと「Bのどちらの数の方が多かったですか?

【結果発表】自分に合った仕事診断(ドキドキ)

それでは、次のページでご自身の結果を見ていきましょう!

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ