読んで納得。【適職診断してみよう!】就活・転職・起業に。

読んで納得。【適職診断してみよう!】就活・転職・起業に。

 

今回は、あなたの就活・転職・起業に使える『適職診断』を行いたいと思います。

 

大森篤志

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

ここへ辿り着いた方の中には、就職活動の真っ只中にいる学生もいれば、今の会社が嫌で転職を考えていたり、上司や同僚とうまくいかなくて退職を考えている社会人、あるいは今の職場に成長の限界を感じていて真剣にキャリアアップを望んでいる方、何度も転職を繰り返しながら「そろそろ本気で仕事を安定させないと…」と将来に不安を感じている人や、「何としても成功したい!でも…」とワクワクと不安を同居させている起業家候補の人もいることでしょう。

いずれにしても、誰もが「次は自分の適職(仕事内容も職場環境も)でありたい」と思っているのではないでしょうか。

それでは早速チェックしていきましょう!

 

【適職診断テスト】あなたは、「Aですか?」or「Bですか?」

それでは、さっそく『あなたの適職』を探っていきましょう。

やり方は簡単。以下7つの質問に答えるだけです。ただし、あまり深く考え過ぎないでくださいね。

これまでの自分を振り返りながら、「今のあなたは、Aなのか?Bなのか?」いずれかを素直な気持ちで選んでみてください。

質問1
A:何事も細かいところまで気になる。隅から隅まで知っておきたい
B:よほど関心のない物事でない限り、ザックリでいい。概要だけ分かればいい


質問2
A:言いたいことはズバッと言う。相手がどう思うかはあまり考えない
B:言いたいことがあってもオブラートに包んで言う。相手のことを考 えてしまう


質問3
A:仕事は、決められたやり方や手順に従う方が楽でいい
B:仕事のやり方や手順が決められていると窮屈。自由にやりたい


質問4
A:堅実的な方法を選ぶことが多い。実践可能な現実的なアイディアが 好きだ
B:新しい手法に挑戦することが多い。やってみなければ分からない革 新的なアイディアが好きだ


質問5
A:これまで慣れ親しんだものに心地よさを感じ、大事にする
B:これまでとは違ったもの、新しいものに興味がわく


質問6
A:先のことよりも「今が快適か、今が楽しいか」の方が大事だ
B:今よりも「これからどうなるのか、今後の可能性」の方が大切だ


質問7
A:人の目を気にする。世間体や常識は大事。他人は他人、自分は自分と割り切れない
B:常識にとらわれない。世間体など気にしない。マイルールで生きている

以上となります。

それでは、今から「Aの数」と「Bの数」を算出してください。

あなたは、ABのどちらの数の方が多かったでしょうか?

たった7つの質問であなたの〇〇が分かる!【結果発表】

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ