「正社員?」or「派遣社員?」あなたが選ぶべき本当の働き方とは?

「正社員?」or「派遣社員?」あなたが選ぶべき本当の働き方とは?

 

今回は、『あなたが選ぶべき本当の働き方とは?』というテーマで話をしたいと思います。

「あなたが選ぶべき本当の働き方とは?」

 

大森篤志

 

こんにちは、一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長の大森篤志です。

本テーマは、働き続ける女性にとって永遠のテーマなのかもしれませんね。

 

【今どきの働き方】「正規」と「非正規」の基本のキ。

今、日本の非正規雇用者の割合が4割にまで迫ってきています。

 

非正規雇用者というのは、

  • アルバイト
  • パート
  • 派遣社員
  • 契約社員

など、正社員を除く雇用形態で働いている人のことを言います。

 

さて、本題に入る前に、雇用形態を整理しておきますね。たとえ知っていても、もう一度再確認しておくといいですよ。

 

■ 正社員

会社に直接雇用され、働く期間に定めのない形態です。

一般的には「9時から18時まで」など、会社が定めた時間内で働き、非正規雇用者よりも給料が高い場合が多く、社会保障もしっかり受けられます。

ただし、「役職に就くこと(責任ある立場)」や「転勤をすること(会社都合で動く)」も。

 

■ 契約社員

会社に直接雇用されて働く形態です。

比較的給料も優遇される場合が多く、社会保障も正社員同様にきちんと受けられます。

ただし、3ヶ月間、6ヶ月間、1年間といったように契約によって働く期間が定められており、期間が終わると再度契約を結ぶこともあれば結べない場合もあります。

 

■ 派遣社員

働く会社に直接雇われないで働く形態です。

まず派遣会社に登録し、その派遣会社から働く会社へ出向するようなイメージです。

給料に関しても働いている会社からではなく、派遣会社から支払われます。

働き先での派遣期間が終わると、また派遣会社を通じて別の働き先を紹介されるのが一般的です。

 

■ パート・アルバイト

働く会社に直接雇われて働く形態です。

週3日だけ、土日だけ、時間は10時から15時までなど、正社員よりも働く日数や時間が短い働き方をアルバイトと言います。

パートタイマーも同じ意味で使われます。

 

※今回は「会社組織の中での働き方」に的を絞ってお話しておりますため、「独立・起業という働き方」については触れておりません。予めご了承ください。

 

「職業選択の自由」から『働き方選択の自由』へ。

次のページで、詳しく解説してまいります。

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ