転職するなら知っておきたい『どんな仕事が自分に向いているのか?』

転職するなら知っておきたい『どんな仕事が自分に向いているのか?』

 

今回は、『あなたに向いている仕事、自分の天職』をご一緒に見つけていきたいと思います。

 

大森篤志

 

こんにちは、大森篤志です。

『天職』という言葉を聞いて、あなたは何を感じますか?

「そんなものあるわけがない」とキッパリ諦めている方も、「私は、何としても天職に就きたい!」と天職を信じて諦めきれない方もいると思いますが、まず最初にハッキリ断言しておきます。『誰にでも天職はある』んですよ。

転職は、天職に出会うきっかけづくり。

あなたは今、「今の仕事を続けていくべきか?」と悩んでいることでしょう。

もしかしたら「年齢的に次の転職がギリギリかもしれない」と不安や焦りを感じているかもしれません。転職という二文字が頭の中でチラつき始めた時、今を『人生の分岐点』と考えていい。私は、そう思います。

あなたが二度と社会で働かない状況になるまでは、「人生の大半は仕事」と言っても過言ではありません。人生の大半を仕事に費やすのであれば、適職や天職に出会うことがどれほど素晴らしいことかお分かりいただけるでしょう。

あなたが自分に適した仕事に就いていれば、

  • 毎日、職場に行くのが楽しみになる
  • やりがいに溢れ、充実した日々を過ごせる
  • 自分の仕事(働き)を誇りに感じる
  • 一緒に働く仲間と楽しく快適に仕事が出来る
  • 自然に仕事で結果を出せて、きちんと評価される
  • 自分らしく、自然体でいられる
  • 将来を楽観的に考えられる
  • 活力が沸き、いつまでも若々しくいられる

など、あなたの人生そのものが明るく豊かになります。

今あなたが転職を考えているとしたら、それは「自分の人生をもっと良くしたい!」という心理の表れに他なりません。

 

なんだかんだ理由をつけて、転職にブレーキをかけていませんか?

しかし、いざ転職について考えると「せっかく道の半ばまできたというのに、いきなり進行方向を変えてもいいものだろうか?」と不安が強くなる人は少なくありません。

でも大丈夫!安心して下さい。

転職は『より良い進行方向へ舵をきるもの』であって、今までの道を後退するものではありません。

現に今の時代、転職は当たり前になってきています。適切な転職を繰り返し、着実に「毎日の幸せ感」をアップさせている女性は山ほどいるんですよ。

そうはいっても、「衝動的に仕事を辞めるようなことはできない」というのが本音かもしれません。今の仕事がどんなものであれ、毎月きちんと支給される給料を絶つのは勇気が必要ですからね。

今の仕事を続けながら職を探すのは気が引けるし、今の仕事を辞めてから職を探すのも不安。当然ながら、すぐに新しい仕事に就けるという保証など、どこにもない。

その他にも、周り(家族など)の目が気になる、まだローンが残っている、貯金がないから先行きが不安、、、転職をためらう理由ならいくらでも挙げられることでしょう。

また、いったん築き上げたライフスタイルを崩すのも難しいところ。今の仕事に費やした月日が長ければ長いほど、これまでの生活にあなたが投資してきたものは大きいはずです。今の仕事の世界で「ある程度の成功をおさめている人」であればなおのこと、ゼロから仕事をやり直すのは想像がつかないほど大変なことに思えるかもしれません。

他にも、転職が成功するまでに何ヶ月かかるかも分かりませんから、転職活動自体には大きなストレスが伴います。転職を成功させるまでの道のりには、初めて就職活動をした時とは違ったプレッシャーが重くのしかかるものなのです。

そうした理由から、転職にブレーキをかけてしまう人が多いのでしょう。

いざ転職となれば、ひるんで当然。

たくさんの転職相談をサポートしてきたからこそ、あなたの転職に対する不安を私は痛いほど理解しています。その一方で、転職が『天職との出会いをつくる可能性がある』ということもまたよく理解しています。

本記事が、あなたの転職をサポートする一助になることを願いながら、話を進めていきますね。

 

「誰もが満足できる仕事」というものは、この世に存在しない。

「誰もが満足できる仕事」というものは、この世に存在しません。

ただ、『あなたが満足できる仕事があるだけ』なのです。

職場の環境というものは、会社や仕事内容によって様々です。そのため、あなたが幸せを感じられる職業に就くためには、あなた自身の好みを知り、その好みに合った職場を探す必要があるわけです。

ゆったりとしていて居心地のいい安定した職場もあれば、革新の連続で常に新しいことにチャレンジしていく職場、危険と隣り合わせで緊張の連続、そんなスリル満点の職場もあることでしょう。

他にも、規律に縛られた会社もあれば、個人の裁量で自由に進められる会社もありますし、社交性とコミュニケーション能力が求められる職場もあれば、私語厳禁で一つの作業にとことん集中しなければならない職場もあります。

 

あぶない!○○を考えずに、闇雲に転職活動している人が急増!?

実際の転職活動では、『どんな職場環境が自分に向いているのか?』

この視点をハッキリさせずに、闇雲に転職活動してしまう人があまりにも多いようです。

人は一人一人が異なる能力を持つため、それぞれで優先するものも異なります。

例えば、組織のまとめ役としてリーダーになりたい人もいれば、リーダーのような責任を負う立場にはなりたくないという人もいます。

収入を最優先に考え、効率的に高収入を得たいと思う人もいれば、収入にはそれほどこだわらず、人の喜びや社会貢献を求める人もいるでしょう。

パソコンの前で一日中単純作業していても苦にならない人もいれば、ルーチンワークが苦痛で、一日中アクティブに過ごしたい人だっていると思います。

いずれにしても、あげればキリがありません。

だからこそ、適職や天職を見つけるためには、まず『自分自身を知ること』が最も大切なのです。

それでは、いよいよ次に簡単な性格診断を行ってみたいと思います。以下の質問に答えながら、自分自身を理解していきましょう。きっと、自分に向いている仕事(適職)が少しずつ見えてくるはずですよ。

 

あなたは、「A?」or「B?」

 

1 ページ目 2 ページ目

スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事が参考になったら
「いいね!」して下さい。
BPLabo Womanの最新記事がチェックできますよ♪

この記事も一緒に読まれています。

 

この記事を書いている人

大森篤志の詳しいプロフィールはこちら


「働く女性の為のお悩み相談窓口」コチラからお気軽にご相談下さい。

 

Previous / Next

 

同じカテゴリの記事一覧

この記事に付けられたタグ